applemint の3段ロケット

applemint の3段ロケット

こんにちは、台湾でウェブマーケティングのお手伝いをしている applemint 代表の佐藤(@slamdunk772) です!

日本No.1 マーケターの呼び声が高い森岡毅氏が USJ を再建する時、三段ロケットという計画を立てました。第一弾はファミリー層の獲得、第二弾は集客を関西圏に依存する体質からの脱却、第三弾は世界顧客獲得!です🚀

USJ に限らず、上場企業や大きな企業は往々にこういう構想を立てます。このブログではそれらの計画を否定したいのではなく、実は applemint にもそんな3段ロケットがありますよ!って話をしたいと思います😅

そもそも3弾ロケットは何かを達成するための3つのロケットだと思うのですが、applemint は将来的に台湾でクリエイティブでデジタルに強い会社になりたいと思っています。

同時に世界ともっと仕事がしたいと思っていて、具体的には日系と台湾企業だけではなく、アメリカやフランス、オランダとか色んな国の企業と仕事がしたいと思っています😏

今の所「海外の企業と仕事をする」以外は順調に進んでいるのではないかと思います。今後 applemint と一緒にお仕事をしたいと考えている素敵な方々はこのブログを通して僕らがどんなプランをもっているのかご覧ください🙂

第一弾:マクドナルド化 (2021年 – 2022年)

今年から来年にかけて、ほぼ全ての作業をマニュアル化したいと思っています。また、引き継ぎという作業をなくしたいと思っています。理由は誰がどんなクライアントを担当しても質を落とさない為です。僕らは成長すると思ってますし、成長したら人材は嫌でも確保する必要があります。

現在 Notion というエバーノートのちょっと便利版に顧客の情報やマニュアルを載せまくってます。11月に新人が入ってきましたが、彼女には事あるごとにマニュアルを見て!と伝えています。そしてもしもその彼女がマニュアルを見てわからなければ、マニュアルに欠陥があるという事です。

そんな時僕は「なぜ」わからなかったのか細かく聞いて、逐一マニュアルの質を上げてます。

会社が成長してから人材の育成やマニュアルを考えるのは遅すぎます。僕は applemint が成長する前提でもうマニュアルを完璧にしています。僕はこの事を台湾の飲食店の失敗から学びました(この話は後日、applemintlabという有料サイトで話します)

自信家と思われるかもしれませんが、ワールドカップに出場する国がどこも上を目指すのと同じで、僕らも上を目指してます。

また、人材を人材派遣会社や104に頼らない仕組みを作っていて、applemint lab はその第一歩です。僕らは applemint lab や Youtube、ブログを通して自分達が何者かということを今よりももっと積極的に発信していかないと思っています。

もったいない」というイベントを継続しつつ、次はapplemint のメンバーと個展を開こうと思ってます。また、その他には中国語でのYouTube 動画発信を強化して、台湾の人に「あ、この会社面白そう」と思わせることで、人材を募集していない時でも応募が来るような仕組みにしたいと思っています。

マニュアルは進んでますが、中国語の動画が課題です…

第二弾:海外 (2022-2023年)

第二弾は海外企業との取引です。2022〜2023年にかけて外資系の企業ともっとお仕事をしたいと考えています。そのための種まきはしていて、英語のコンテンツを充実させると同時にLinkedinの活用なんか始めました。

applemint の英語ページを見る人なんてほとんどいないと思いますが、実は結構ハイペースで英語コンテンツを更新しています。結果はまだまだ全然出ていませんが、起業した当時のように地道に続けていきたいと思っています。(英語で Youtube 配信も考えてます)

LinkedIn は正直わからない事だらけで全然成果は出てませんが、これもこれからです。その他に英語で台湾のウェブマーケティング事情について発信していこうと思っています。

僕は台湾に住んでもう5-6年以上経つのですが、正直台湾に留まっちゃダメだなと思ってます。世界に行きたいと本気で思ってます。

個人的にオランダが好きなので、オランダの会社と仕事がしたいですw

第三弾:Creative x Digital (2023以降)

最後に第三弾ロケットをご紹介します。第三弾は、applemint = クリエイティブでデジタルに強い会社って思われる事です。

クリエイターはなぜクリエイターなのか?歌手はなぜ歌手なのか?俳優はなぜ俳優なのか?それは皆クリエイターはクリエティブな事をしていて、歌手は歌を歌っているから歌手なのです。

つまり、applemint がクリエイティブな会社と思われるためには、クリエイティブな事をする必要があります。だから僕は MV を作りますし、個展を開きますし、どんどんクリエイティブな事をします。

冒頭でもお話をしたように規格外の野菜を売る「【莫汰耐】もったいない」はその第一弾です。

ちなみに僕がマニュアルをアホみたいに作っているもう一つの理由が、僕をクリエイティブな事に集中させるためです。

ということで、applemint にも一応中期的な目標みたいなのがありますよーってお話でした。

何か参考になれば幸いです!

applemint に関する問合せはこちらから

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ