台湾で売上UPを目的とした新規事業はなかなかやらない説

台湾で売上UPを目的とした新規事業はなかなかやらない説

こんにちは!台湾で applemint というウェブマーケティングの会社の代表を務める佐藤(@slamdunk772) です!

今回はタイトルにもある通り、台湾で売上がもっと欲しくてやろうとした新規事業は結局やらないケースが多いという話をします。

台湾でビジネスをしている総経理の方々は往々に新しい事をしようとします。たまに突拍子もない事をしようとする方もいます。例えば飲食業でない方が食べログをしたいなんて話を聞いた事があります。理由は台湾には日本みたいに食べログがないから食べログをしたら流行ると思う、というものでした。

このアイデア自体を否定するつもりは毛頭ありませんし、冗談抜きでやってみたらいいのではないかと思いました。

しかし残念ながら台湾で新しい事をしたいと言った方が実際それをする事例は少ないです😵 なぜか?

このブログでは、やりたい事を色々出来ない理由をお話した上で、僕だったらどうするかってお話を少ししたいと思います。

「佐藤さんは会社の代表者だから出来るんでしょ」って思うかもしれませんが、代表者でなくともやりたい事は出来ると思っています。ただしやる事とコミュニケーションの工夫は必要だと思います。

台湾で聞いたあれもしたい、これもしたい

まずは僕が台湾で聞いた「あれもしたい、これもしたい」という事業を一部お話しましょう。

  1. made in 台湾商品
  2. 食べログ
  3. 104銀行みたいな人材採用プラットフォーム
  4. Youtube チャンネル
  5. アプリ制作
  6. カジュアルにサウナが楽しめる所作りたい (僕w)

冒頭でも言いましたが、僕はこのブログを通してこのような事をしたいと言った方々をディスるつもりは全くありません。ただ、冷静に振り返った時やっていないのが現実というお話です😢

made in 台湾商品とかすごく面白そうですし、yelp や食べログみたいなのが台湾で流行ったら面白いと思います。面白そうですけど、結果的に世の中に出ていない理由はなんでしょうか?

結局やらない理由その1. 自分が出来ない

自分が出来ないからやらないというのは多い気がします。例えば僕らが提供するウェブマーケティングのサービスは創業者である僕が出来たから始める事が出来ました。 applemint の Youtube チャンネルも、やった方がいいと思った僕が Adobe のソフトを使えたからできました。

何かをやりたい!と言った時、自分が率先して出来ないことはなかなか実現しないなと度々思います。

佐藤峻leo sato

アプリを作りたい!と思っても自分一人じゃ作れないから結局やらなってやつと同じです。

結局やらない理由その2. 人はお金についてこない

お金

次にやる人がいない問題です。残念ながら多くのことは1人では出来ません。一緒にやる人が必要です。僕は起業して5年目の小学生経営者ですが、これまで台湾で事業をしてわかったのは、人はお金について来ないと言う事です。厳密にはついてくる人もいるのでしょうが、長続きしないと思っています。

台湾で新しい事をやりたいと思う方々って結局「売上UP」or 「もっと儲ける」という目的の方が多いと思います。それは問題ないのですが、そのゴールに主体的についてきてくれる人は中々いないと思ってます。要するに売上UP が目的の事業を手伝ってくれる人って、雇う必要があるという事です。

「えっ、そんなの当たり前じゃん😂!?」って思いますよね?

この辺キングコングの西野亮廣さんのコミュニケーションの仕方がすごくうまくて、彼はなんとオンラインサロンの会員からお金をもらって彼自身のゴールを達成しようとしています。要するに雇わなくても彼を手伝ってくれる人がいて、なんなら彼にお金を上げて、彼の目標達成を後押ししている人がいるという事です。

一部からは信者ビジネスなんて言われてますが、冷静に見るとすごい事をしています。では、なぜ彼にはこんな事ができるのか?

彼は今まで一言も「売上 UPしたい!」とか「売上を増やしたい!」と語ったことはありません。彼はいつも「エンタメで世界を取る!」 とか、「ぶっちぎりのクオリティを提供する」とか、「クリエイターを助ける」とか言ってます。

「売上UPしたい」と言うのと、「エンタメで世界を取る!」と言うのではどちらの方が支援したくなりますか?後者ですよね?

話を戻すと、多くの人は結局損得でやりたい事を考えちゃって、巻き込むコミュニケーションに課題があると考えています。

僕は何をしようとしていて、それが出来ている理由

僕は今いくつかの事をしようとしています。まず、MV(ミュージックビデオ)を作りたいと思ってます😎 意味わからないですよね?やりたい理由は面白そうだからです😃

次に applemint lab というコミュニティーを通じて廃棄野菜を売るって実験と、海辺でゴミ拾いを考えてます。廃棄野菜は「もったいない」って概念を広めたいのと、調子に乗れたら収益の一部を農家に還元したいと思っています。イベントの詳細は以下です:

海辺のゴミ拾いをしたい理由は、台湾の海って台湾産のゴミ以外ならどの国のゴミが一番多いのか気になるので、検証をしにいきます🏄‍♂️

なんで僕がこんなに「面白い」事をしたいか、わかる方はいますか?色んなブログに書いてますが、僕には Digital x Creative な会社を作るってビジョンがあって、そのために面白い事を色々してます。

佐藤峻leo sato

あと、自分が心からそういう事をしたいからです。

ちなみに売上を増やしたいから Digital x Creative な会社を創りたい訳ではないです。カッコつけな僕はクリエイティブなカッコイイ会社を創りたいだけです😅

そのためには面白い事、クリエイティブな事を自分たちがしなければいけません。僕は面白い事をするのに夢中で、最高な事に結果的に僕のやりたい事に賛同してくれるメンバーがいます。当たり前ですが雇っていません。

「売上UP」に人はついてきませんが、「面白い事」には人はついてくると思っています。

少し自慢話みたいに聞こえていたら申し訳ありませんが、皆さんももしやりたい事があったら自分がやれる範囲から始めて、お金ではない、何か他の人が聞いてワクワクするような目的をコミュニケーションをしてはいかがでしょうか?

以上台湾からでした!

applemint に関する問合せはこちらから

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ