Posted on

台北最大!?植物・花市場【建國花市】レポート!行き方や見所を紹介!

台北最大!?植物・花市場【建國花市】レポート!行き方や見所を紹介!

こんにちは!applemint 代表の佐藤です。

台北にお花や植物好きの人にはたまらないものすごく大きな植物・花市場があるのをご存知ですか?建國花市といいます。今回のブログでは建國花市に関するアクセス情報や売られている植物や花の様子、個人的な感想や見所をお伝えしようと思います!

基本情報


住所:106台北市大安區建國南路一段

営業時間:週末のみ!(9:00 – 18:00)

最寄駅:MRT忠孝新生、MRT忠孝復興、MRT大安森林公園

太字でも書きましたが週末しか開いていないのでご注意ください!MRT でアクセスをする場合、上記3つどちらからも可能です。MRT忠孝新生はイエローライン、MRT忠孝復興はブルーライン、MRT大安森林公園はレッドライン上の駅なので滞在先からアクセスがいいラインをご利用ください。

map

僕は今回MRT忠孝新生駅の7番出口から真っ直ぐ歩いて「仁愛路」という大通りに出たところで忠孝復興駅方面(東)に歩いて行きました。

それでは早速様子をレポートしたいと思います。

入り口


この花市ですが高架下にあります。そのため入り口とわからず通り過ぎる可能性があります。念のためアングルが異なる写真を2枚貼り付けます。

entrance1

entrance2

近づいていくと…

entrance4

なお花市の向かい側は様々な石を売るマーケットです。こちらも花市同様、週末しか開いてないのでご注意ください。

ishi

私が花市に行ったのは 3/23(土)午後3時頃と遅めだったのですがかなりの人がいました。また、入り口前には染井吉野が売られていてびっくりしました。桜って台湾で買えるんですね(笑)

sakura

では次に中の様子をお伝えしたいと思います。

中の様子


中に入るとおそらく直線距離でいうと300メートルぐらい、両サイドに花や植物が置かれ真ん中を歩いて見て回ります。300メートルほど進むと今度は「建國假日藝文特區」という隣接した別のマーケットに着きます。

中の様子

また、歩いていると農産物や干物、蒸しパンなどのお菓子を売っているブースを度々見かけます。

fruits

これらの農産物はおそらく農家の方が直送で売っているのでスーパーに比べて安くて恐らく鮮度もいいです。

基本グラム売りなようです。例えばイチゴを1粒だけ欲しいというのは NG かもしれませんがもう少し量があれば対応してもらえると思います。フルーツを買ってみたい場合お話をしてみるといいかもしれません。

農産物の他に、農家が出しているお茶や加工製品も買えます。こちらでは山芋エキスの粉が売っていました。もしかしたら面白いお土産品が見つかるかもしれませんね。

植物やお花


次に中で売られた植物やお花をご紹介したいと思います。今回建國花市に行った目的がオフィス内に置く植物購入だったため、観葉植物を中心に見て回りました。

また、私の勝手な印象ですが花よりも木や盆栽、観葉植物などの比率が多かったように思います。

plant

元々写真真ん中の右に位置する表面が少し白で緑の模様が付いているものを非常に気に入ったので購入を検討しましたが少々デカかったので諦めました。

bonsai

その他盆栽など日本でよく見られるような木をここには置いてありました。

サボテン

観葉植物に紛れてサボテンもありました。可愛らしいですがちょっと僕のテイストとは違ったため、購入はしていません。

flower

植物や木だけでなくお花ももちろんあります。ここまで写真をご覧になって気づいているかもしれませんがここで売られている植物や木は基本的に土・鉢・植物がセットになっています。つまり誕生日のお花を買うような人よりガーデニングをしたい人向けです。

ちなみに今回私が購入したのはこちらです。

purchase

「白網紋」といって空気を浄化したりして、埃を吸い取るようです。日本語名は検索してみたのですが出てきませんでした。価格は日本円で70NT(250円ほど)です。

applemint2

もう一つはこの写真の真ん中やや右側にある「雪花福〜」です。こちら小さいサイズで80NT(285円ほど)でした。この他、家で育てるように青紫蘇を購入しました。青紫蘇は非常にでかかったため、ちょっとがさばると思い初日に早くも収穫をしました。価格は 100NT(350円ほど)でした。

如何でしたか?この場所は観光に本当におすすめです。もしも体力があれば花市の両隣にある石のマーケットやアート市にも寄ってみてください!アート市では陶器の DIY の教室があるみたいです!コチラ

最後に私の簡単な感想を述べて終えたいと思います。私が思った点は要約すると2つに分けられます。

  1. 植物がとにかく安い
  2. 広くて面白い
  3. アクセスが思ったよりも便利

やはりとにかく安かったのが一番気に入ったところです。モヒートやアイスクリームの上にのせるようなミントも80-100NT(300-350円)で売られていました!参考になるかわかりませんがこちらのお店では植物の横に価格を書いていました。

price

繁体字で読めないかもしれませんがバジルが80NT(250円ほど)、ミントやその他の植物も80NT前後です。

また、中は非常に広くて植物や花の他、農産物もあるのでスーパーに行く前にここで野菜を買えばよかったと思いました。

番外編


今回お伝えした建國花市から徒歩3分ぐらいの場所に「帝寶」という超高級マンション街があります。この場所ですが1坪280万NT(1000万円)する台北市でドン引きするぐらい高い不動産です。住んでいる人は大企業の社長や創業者、一部超有名芸能人だそうです。

entrance

これはマンション本体ではありません。笑
エントランスホール!?みたいな場所と思われます。

4棟

このように台北という限られた土地でこんなに贅沢に土地を使っています。マンションは6棟あるみたいで、おそらく奥のマンションが一番高いのでしょう。

ちなみにこの付近は非常におしゃれな家やショップが揃っていていい意味で台北らしくない風景が見られます。

確か1階がコーヒーが軽食スタンドで2階は美容院だと記憶しています。パッと見東京で言うと代官山とかそういう場所にあっても違和感ありません。

house

コチラも家と思われますが台北ではこのような家は非常に少ないと思います。どうやら台北では「仁愛路」という道に面している不動産・物件は高いようです。

もし時間があるようでしたら花市を見てまわった後にその周辺も散歩をしてみてください!

以上建國花市のレポートでした!!

NEW

NEW BLOGs

applemint の最新のブログをご紹介!

applemint に関する問い合わせはこちらから