最近台湾でよく見る広告 (2021年11月末現在)

最近台湾でよく見る広告 (2021年11月末現在)

こんにちは、applemint 代表の佐藤 (@slamdunk772) です。台湾でデジタルマーケティングの会社の代表を務めています。

今回は最近 (2021年11月末現在) 台湾でよく見る広告についてご報告をしようと思います!弊社のブログの読者の中には日本に在住の方も多く、コロナウイルスで台湾へ来れないので台湾が今どうなっているか見当もつかないと思います。

そこで今回は私が台湾に行けない皆さんの代わりに、私が台湾でよく見る広告を代わりにここに書きます。いやー何ともありがたいブログです😅

それでは早速ご紹介しましょう!

Youtube 編🎥

※なお、Youtube の広告に限らずウェブ広告はある程度ユーザーの興味を絞って広告が出来るという事を先にお伝えします。従って「私」がよく見るからといってみんなもよく見るわけではないという事をお伝えします。

Disney+

Disney+ の Youtube 広告を最近めちゃくちゃ見ます。2021年11月12日に Disney + ついにが台湾に上陸しました。そのタイミングで多分相当な広告流してます。Youtube ではかなりの高頻度で Disney + の広告を見ます。

もちろん広告は全て繁体字です。僕が見た広告を見つけたのでここにシェアします。見てみてください。超イキな広告です。Youtube 用にきちんと作ったと思います。秒速でサブスクしたくなります。

1分の広告の最後の方に上記のメッセージが出ます。訳すと、「こんにちは、台湾。来たよ」なんですけど、「こんにちは」って普通に訳すと「你好」の所、「哈囉」(英語のHelloのあて字) って書いて親近感を持たせたりしてます。

もちろん、リスティング広告も抜かりがありません。

さすがだなーと思いました。

PS5

最近 PS5 の Youtube 広告もよく見ます。年末商戦を睨んでの事だと思います。本体とヘッドフォンの広告をよく見ます。ただ、残念だなと思うのが、広告するのはいいですけど、在庫がない事です。以下、2021年11月19日に台湾版Amazon とも言われる PChome というECサイトの PS5検索結果です。

広告してどうするんだよ….って思わず突っ込みたくなりますね….

佐藤峻leo sato

嫌われるの覚悟で告白しますが、僕は PS5を持ってます…
でも、PS4のゲームばっかしてます…

任天堂

任天堂の Youtube 広告もめちゃくちゃ見ます。新垣結衣さんをゴリ押ししてます。

2021年4月に法人ができた辺りからかなり広告を見ます。皆さん進出時のスタートダッシュすごいですね。

ちなみにずっと前に書いたブログで、僕は台湾に来てうまくいった会社さんは共通して、スタートで結構な広告費を投下したという話をしました。逆に低調で撤退した会社さんの口癖は「広告効果が良くなったら、広告費を上げる」で、いつまで経っても良くならず、細々と広告費を投下していました。

佐藤峻leo sato

ただチリも積もれば山となるで、結果的に数百~数千万円投下していた会社がいるのは知っています。

路上編

次に路上でよく見る広告のお話をします。ここでは主にバスの広告や地下鉄の広告の話をします。と言っても僕はあまり外に出かけないですし、バスもあまり乗らないので本当にご参考程度にご覧ください。

以下は2021年11月20日に中山へ行った時の様子です。まず左上に Disney + の看板広告が見えます。次に、写真真ん中に黒いトラックがあるのは見えますか?あれも Disney + の広告です。

日本の渋谷や新宿でよく走る広告トラックは数年前から台北でも走るようになりました。これがいくらかかるかはわかりませんが、少なくともバス広告よりは効果があるかなと思っています。

ちなみにバス広告は4-5年前の単価ですと、1台1-2週間で1万元ほどだそうです。

佐藤峻leo sato

ただしバスは1台だけ広告しても意味がないですよね…

ウェブ広告編

最後に、Youtube 以外で最近見たウェブ広告のお話をします。まず、正直にお話しをすると、あんまり覚えていなくて….なので、今からご紹介する広告は僕が自分のアカウントにログインしていくつか広告を見て、「あ、そういえばこれよく見る!」というやつをご紹介します。

以下、僕が最近よく見ると思った Facebook とインスタグラムの広告をご覧ください:

このVitabox という健康食品の広告はかなり見ます。次にインスタのStoryで複数回H&M のStory 広告を見たのを覚えているのでご紹介します。

そのほかはシャネルのインスタ Story 広告見たのは覚えてます。こんなもんでしょうか。残念ながら Facebook 広告もインスタグラム広告もあまり記憶に残っていません。そう考えると Youtube 広告ってすごいですね。

Next Action

このブログをご覧の方で、まだ台湾に進出されていない方は、進出時にインパクトを出したければ Youtube の広告の比率を上げると面白いかもしれません。

ただし、視聴者が Youtube 広告から何かアクションを取ることはなく、その後検索って流れになると思うので、検索広告は大事ですね。ただしここで一点注意点があります!任天堂も Disney + もそもそもブランド力のベースがあります。だから印象に残ります。

台湾でブランド力がない会社が彼らと同じことをしてもおそらくうまくいかないでしょう。Youtube 広告をブランド力や信頼に結びつけたい場合、手っ取り早い方法は代言(有名人のイメージモデル)の起用と Youtube 広告用の動画制作だと思います。

僕はインフルエンサーの起用に割と否定的ですが、それは「コンバージョン」という視点から費用対効果を考えた場合です。まだブランドの認知が不十分な時は有名な方を起用すればある程度の認知や信頼に繋がることは否めません。

また、Youtube 広告はあくまで「認知」を目的にするといいと思います。Youtube → コンバージョンという事例はもちろんありますが、そうすると広告のテイストがコンバージョン狙いに変わって、印象に残らない広告が出来るので注意が必要と思います。

佐藤峻leo sato

ただし、広告の目的は1. 売上UP、2.売上UP、3. 売上UPであって、僕は所謂「面白い」広告を作ろうとするクリエイターは好きではないです。

また、Youtube 広告を大量に流しても売上 UP に繋がらなければ意味がありません。僕らはYoutube 広告に限らず様々なウェブ広告の導線やプランニング、リソースの配分を理解しています。

Google Analytics のアトリビューションを見てラストクリックで CV に繋がらない媒体もコンバージョンにどのように影響するのかモニタリングします。LP やランディング先のアクションの分析と LP の分析もかなり専門的にします。LP の分析に関しては、コロナ前は Shopify さんのお手伝いをしていました。

もしも台湾でウェブ広告をしたい!と思っている方はいつでも弊社までご相談ください!

営業人向けアレンジ版:https://eigyojin.com/2022/01/17/dgm-008/

applemint に関する問合せはこちらから

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ