【台湾デジタル関連アップデート!】applemint による台湾デジタル関連記事のキュレーション4/24

【台湾デジタル関連アップデート!】applemint による台湾デジタル関連記事のキュレーション4/24

初めまして!applemint 代表の佐藤です。デジタルアド、デジタルマーケティングの最前線はアメリカですがそのアメリカで何が起こっているかいち早くお伝えするメディアは日本に多数存在します。しかし台湾はどうでしょうか?

よくクライアントから台湾ではインスタグラム広告はどうですか?LINE 広告はどうですか?といった質問が来ます。また、これらと同じくらい多い質問は台湾には他の媒体はないのか、今台湾で何が起こっていて何が流行っているかという質問です。そこで applemint では台湾の主要なデジタルマーケティングやデジタルに関連した記事を更新している媒体をチェックし、現在台湾で何が起こっているのかお伝えしようと思います。

第一回目の今回はブログにしてお伝えしますが以降はメルマガにすることを考えてますので今回のブログを読んでみて気に入ったという方はまずはコチラからお問い合わせをお願いいたします。

LINE Pay、街口による水道・電気代の支払いがスタート


台湾の金融監督管理委員会の発表によると、今年の6月からコンビニで LINE Payや街口といった電子マネーによる水道・電気代の支払いが可能となります。一回の支払いによる上限は1万NT で、毎月合計3万NT まで支払いが可能なようです。また、支払い上限は今後毎月20万NTまで支払い可能にする計画があるようです。

台湾でもキャッシュレスの動きが本格的になりそうです。この前朝ごはん用の饅頭屋に行ったら街口のサービスがあったので驚きました!

Yourator による今台湾で一番人材が少ない業種とは


台湾の人材紹介サービスを手掛ける Yourator 社の内部調査によると現在台湾で一番人手不足な職はエンジニア、デジタル・マーケター、UX/UIデザイナーなどデジタルマーケティングに関連した人材でした。改めてデジタルマーケターの重要性が強調されると同時に企業側の人材ニーズが明らかになりました。

弊社では既存のデジタル・マーケターの確保より、エントリーレベルの人材確保及び教育、そして如何に人材を離職させないようにするかが課題になると思っています。

2018 年台湾で一番成功したYoutube 広告とは


Google が2018年第4期台湾で一番成功したYoutube 広告及び2018年台湾で一番成功したYoutube 広告を発表しました。成功の定義は具体的ではありませんが消費者とコミュニケーションがよく取れている広告がランキング入りしたようです。詳細は以下からご覧になれます。

2018年第4期に台湾で一番成功した Youtube 広告
2018年台湾で一番成功した Youtube 広告

上記のURL をクリックするとYoutube 広告とそれを制作した会社の名前も入っているので Youtube 広告に興味があれば直接連絡して見るのもいいかもしれませんね!

台湾電子書籍Readmoo のオフラインショップオープン!


台湾の繁体字電子書籍大手 Readmoo 社がオフラインのショップをオープンしました。Readmoo 社は2017年に電子書籍デバイス mooInk を発表。台湾の電子書籍の市場は成長しているものの他国と比べて成長は遅く、Readmoo 社はオフラインショップを通じてユーザーが mooInk と触れ合う場を提供することで電子書籍のメリットを伝える狙いです。

私の個人的な印象ですが台湾で電子書籍を読んでいる人は非常に少なく、皆携帯で雑誌を読んだり動画見を見たりしている印象です。台湾の人はアプリの DL にも比較的に消極的で電子書籍デバイスも携帯やタブレットで読めるから必要ないと考えているかもしれません。今回のオフライン店を通じて電子書籍市場がどう変わるか楽しみです。

音楽ストリーミング KKBOX による音声認識デバイスへの対応


台湾の音楽ストリーミング大手の KKBOX は成長が続くスマートスピーカー市場に対応すべく、現在台湾市場に出回っているスマートスピーカーへの音楽の提供をすることを発表しました。KKBOX の統計調査によると台湾の25歳以上の女性が家でスマートスピーカーを用いてキッズ向けの音楽を流す比率は携帯電話の3倍あり、スマートスピーカーの更なる普及を目論んでの対応となりました。

台湾だと Alexaや Google home といったデバイスよりも小米や台湾国内のメーカーによるスマートスピーカーがよく売られている印象です。スマートスピーカーの普及により、携帯の音声検索も上がってくるでしょうしスマートスピーカー向けの広告も始まる気がしています。今後ますますデジタル・マーケティングの重要性が上がってくると思われます。

台湾Eコマース大手のPChomeと楽天による戦略的業務提携発表


台湾のオンラインショップ大手の PChome と楽天による業務提携が発表されました。今回の提携によって PChome は楽天市場で扱う日本の商品を PChome で取り扱う他、両社の会員 ID を統合して双方でポイントを使えるようにし、更に楽天の電子書籍 Kobo を PChome で取り扱う予定です。

台湾における PChome の優位さは圧倒的で私も何回も使ったことがあります。特に配送が非常に早く、欲しいものがなんでも見つかるのが特徴です。少々ごちゃごちゃした UI も楽天に似ているので相性抜群と思います。今後は楽天モールで出店をすれば PChome でも売れることが期待されるので日本の商品を売る側には非常に喜ばしいニュースかと思います。

終わりに


いかがでしたでしょうか?台湾のデジタル関連のニュースはそんなに多くないため、コンテンツが物足りないと感じたかもしれません。今後は台湾に限らずアメリカで始まった取り組みなんかも定期的にアップしていこうと思います。

冒頭でも少し述べましたが今後は一部無料で公開し、それ以外はメルマガにして配信を考えているのでもしもメルマガの購読に興味がある人はその旨をコチラのお問い合わせフォームを通じてご連絡いただけると幸いです。

NEW

NEW BLOGs

applemint の最新のブログをご紹介!

applemint に関する問い合わせはこちらから