台湾の家具メーカー esaila の海外挑戦

台湾の家具メーカー esaila の海外挑戦

こんにちは、applemint lab 代表の佐藤です😎

今日は僕の知り合いで台湾で家具メーカーを経営している Kenyon から聞いた家具メーカーのユニークな経営と台湾の家具事情についてお話をしています。

Kenyon はインドネシア生まれの華僑です。高校までインドネシアで育ち、その後台湾の大学でデザインを学び、卒業後はイギリスの大学院でデザインを学びました。イギリスの大学院を出た後にどうしても台湾に戻りたかった彼は、台湾に来て台湾で会社を設立してビザを取得し今に至ります。

現在は台中に住んでおり、その理由は台北がごちゃごちゃしていてあまり好きじゃないというのと、顧客の大半が海外なので台北にいる必要がないからです😃

僕が彼と知り合ったのは兄のおかげです。僕の兄は東京でギャラリーをしているのですが、彼の知り合いが台北の朋丁というギャラリーの運営をしていて、Kenyon は朋丁でお手伝いをしていた事から兄と知り合い、その後僕と知り合いになりました。

僕は今までずっと Kenyon はギャラリーを運営していると思っていたのですが、なんと最近になって彼が自分の家具メーカーを持っている事がわかり、彼に台湾での家具事情や家具販売について聞いたら面白かったのでシェアします😂

それではLet’s Go!

家具メーカーの3つの柱

みなさんは家具メーカーってどうやって生計を立てているか知ってますか?IKEA や無印のように有名ブランドであれば家具を製造して、製造原価に利益を乗せて売って十分勝負できるでしょう。しかし、中小企業だとそうは行かないでしょう。実際、台湾人の多くは家具を買うなら IKEA や無印かニトリあたりに行っていると思います。

僕は Kenyon と話すまでどうしても家具メーカーが台湾でうまくやっていけるイメージがありませんでした。でも彼と話す内にどうやらそうでもなさそうな事がわかりました。

その理由ですが、彼は家具メーカーとして3つの事をしていると僕に言ってくれました。

この記事は applemint lab メンバー限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員になる

既に applemint lab メンバーの方

ログイン済みの方はこちら
未ログインの方はこちら

applemint labとは?

applemintが運営するマーケティングコミュティです。

月300元でメンバー登録をすると、以下の特典が得られます。

  1. メンバー限定コンテンツが読み放題
  2. 面白い実験に参加できる
  3. 台湾ビジネスのセミナーやワークショップを無料で受講できる
特典について詳しく見る

applemintへのご相談やご連絡はこちらから!

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

にお問い合わせ