Posted on

【台湾いちご族の正体】いちご族から学ぶ広告代理業に必要なスキル

【台湾いちご族の正体】いちご族から学ぶ広告代理業に必要なスキル

こんにちは、applemint 代表の佐藤です。

突然ですがみなさん台湾のいちご族ってご存知ですか?
いちご狩りは関係ないですよ。笑
台湾にいるゆとり世代みたいな人たちのことです。

最近ちょくちょくいちご族の話を聞くのですが、聞けば聞くほど広告代理店にいるいちご族は将来的職がないなと思っています。
それというのも僕は近い将来広告代理業の多くの職種が、なくなるのではないかと思っているためです。

それはコンビニ店員の職がロボットに奪われ、タクシードライバーの職が無人自動車に奪われるかもしれないのと同じようにです。
では広告代理業において奪われる可能性がある業務とは何か?
そしてそんな時、もしもあなたがどこでも応用できるようなスキルを持っていないとどうでしょうか?
やばいですよね。

このブログでは最近僕がよく聞く台湾にいるいちご族の特徴をもとに、それらの人材が実は長期的にはめちゃくちゃリスキーなことをしている理由を述べます。
また、個人的に広告代理店にいる時にどんなスキルを磨いておく必要があるか述べたいと思います。

いちご族の存在

strawberry 族

台湾のいちご族は、簡単に言うとプレッシャーや怒られたりするといちごのようにすぐに潰れやすい人たちのことを指します。
なんだか日本のゆとり世代と似ていますよね。
そんな人材が台湾には多くいます。
僕は某人材会社の人にこんなことを言われたことがあります。

『佐藤さん、今時の台湾の若者はとにかく営業をしたくないんです。理由は顧客に会いに行くのが嫌なことと、断られたり叱責されたりすることが嫌だからです。なので営業職を見つけるのは結構時間がかかると思います。』

びっくりですよね。
そりゃ誰でも断られたり怒られたりのは好きじゃないでしょう。
しかし具体的なスキルがないから営業職になっているのに、営業はしたくないとは…..しかもこれに付け加えて所謂台湾人の勤続年数は2年ぐらいですからね…..苦笑
雇う側は大変です。

いちご族が具体的にしたくないこと

いちご族は営業職が嫌いと話をしました。
そのほかに嫌いな業務はなんでしょうか?

すばり顧客との対話やコミュニケーションです。
どうしても顧客と話をしたくないようです。
某広告代理店で働く友人の聞いた実例を紹介したいと思います。

このいちご族の子は顧客と対面するのが嫌いで、常に裏方で広告運用ばかりしているそうです。
ある日、クライアントが会社訪問をするということで、その子の上司がその子に向かってクライアントにご挨拶を促しました。

そしてついでに広告運用の現状を報告しなさいと伝えました。
そしたらなんとその子は頑なに拒否したそうです。
上下関係はどこに行ったのやら….

これはすごい典型的ないちご族です。
顧客との対話は嫌い、尚且つ上司とのコミュニケーションも嫌うそうです。
顧客との対話を嫌う理由はやはり怒られたくないからです。
上司とのコミュニケーションを避けるのは、やはり怒られたくないからだそうです。

また、仕事とプライベートはとにかく分けたいらしく、残業なんてもちろんしません。(仕方なくすることもあります)

この話を聞いてあなたの周りにも同じような人がいると思ったらそれは『いちご族』です。

いちご族が考えている就職で重要なスキル

skills

この話を聞いていちご族ってやばくない?と思った方!いちご族の人たちは決してそう思っていません。
いちご族は自分たちにはスキルがあればいいと思っています。
では広告代理店における彼らが考えているスキルとはなんでしょうか?
例えばデジタル広告の運用です。

デジタル広告の運用ってちょっと勉強すれば誰でもそれなりにできるようになります。
しかし僕から言わせれば、広告運用も突き抜けないとスキルとは言えません。
その理由を今からお話し、いちご族がやっていることが如何に給与アップや将来に繋がらないかお伝えします。

広告運用といういちご族の幻想的なスキル

digital ads

僕は近い将来、広告代理店から広告運用代行という仕事がなくなるんじゃないかと思っています。
その理由は以下です。

  1. Google が Google 広告のパブリシャーとしてだけではなく、自分たちの媒体運用サポートを提供しようとしているため
  2. AI が僕らが思っているよりよっぽど早くコピーライティグや広告運用をリプレイスするため
  3. 広告運用という仕事がなくならなくてもそもそも広告主がインハウスで広告運用をやろうとしているため

まず #1 なのですが、 Google が不特定多数のユーザーに対して広告運用のコンサルティングしますよ〜みたいなメールを送ってます。
また、Google 広告はどんどん自動化が進んでいて人の手を煩わせないようになっています。

次に、今 Google 翻訳を使うとまだまだ欠点だらけですが、近い将来かなり改善されると思っています。
これと同様に AI によるコピーライティングもかなり進化すると思っています。

最後に、今広告運用は広告主がインハウスで行う波が来ています。
実際 Brainlabs というイギリスとアメリカにある有名なエージェンシーが、インハウスの波が来ていることに触れています。
広告主も広告代理店が行う運用に価値をあまり見出せなくなっているのでしょう。

関連記事:The Anatomy of In-housing

つまり広告運用もコピーライティングも、本当に突き抜けるぐらい極めないと今後はスキルとしてアピールするのは難しくなります。

極端な例えになるかもしれませんが、何年も前に車が一般的じゃなかった時代、自動車運転はスキルでしたが現在自動車運転はスキルと言えますか?、という話です。
自動車の運転というスキルは30年ぐらい存続できたかもしれませんが、日進月歩で進むデジタル広告の世界で、デジタル広告運用というスキルは持って3年とかではないでしょうか?

いちご族のリスク

ここまで読んだらわかったと思いますが、いちご族が考えているスキルって浅はかなんです。
でもいちご族のスキルもめちゃくちゃ突き抜けて、とんでもなくコピラーティングが上手になったり自動化のスクリプトを自分で書いたりすれば、少しばかりはスキルと言えると思います。

あと、台湾に限って言うと 6-7万NT (日本円で20-22万円) の壁があって、これ以上もらおうとすると所謂課長/部長職になります。
課長/部長職になる人って広告運用スキル云々より、マネージメントスキルや顧客を連れて来られるかというのが大事になると思っています。

広告代理店にいる広告運用ばかりするいちご族に限って話をすると、今は楽なことをしていまが長期的な目線で見ると以下のリスクがあります。

  1. 自分がスキルと思っていたスキルがスキルじゃなくなる
  2. 人との対話を好まないのでマネージメント能力はない
  3. 顧客を面倒と思っていて避けてきたため、転職してもどの顧客もついて来ない

だからいちご族を見ても安心してください。
楽をしているように見えて彼らは実はすごいリスキーなことをしています。
いちご族じゃない人からすると、いちご族は超イラっと来ますが放っておきましょう。

僕が考える広告代理店で上げないといけないスキル

では広告代理店に勤務している時、実際何をすればいいのでしょうか?
僕なりの考えを書きます。

結論はいちご族がしている全く逆のことをすればいいと思っています。
つまり営業窓口として、クライアントやパートナーとコミュニケーションを積極的に取って信用を勝ち取ることがいいと思っています。
もちろんいちご族が嫌いなクライアントとのお食事会も積極的に参加するべきです。

なぜか?

まず、こういう泥臭い仕事を進んでやる人が減っているので、できる人はどんどん希少価値が上がります。
次に、クライアントの会社の信用を勝ち取っていれば、転職時にクライアントがついてくる可能性があります。

これは転職時、転職先と給与交渉をするときに非常に有利に働きます。
最後に、広告代理店でアカウントディレクター (課長職) ほどになれば、チームのリソースが足りなくても仕事を回す必要があります。
そんな時はパートナーの協力が不可欠です。
いちご族をずっとしていたら、そんなパートナーや知り合いなんていつまでもできません….

結論

agency

どうですか?
いちご族が軽視するクライアントとの食事や対話、コミュニケーションが実は一番大事というのは意外じゃないでしょうか?
BtoB なら特にそうです。
そして僕はこれが広告代理店に限らず他の業界でも当てはまると思っています。要はクライアントの信頼を勝ち取ることが大事ということです。

クライアントや他の従業員、パートナーの信頼を勝ち取った人材はどこに行っても強いです。
そして信頼を勝ち取るコミュニケーション能力を持った人は、どんな業界に行っても通用します。

だからあなたの上司があまり仕事をしないで顧客と会食ばかりしていてもバカにしてはいけません。
なぜなら実務よりよっぽど疲れますしよっぽど大事だからです。

履歴書に『私は photoshop できます。』『1億の広告予算を回しました。』『CVR を1%から200%改善しました。』って書いてあるのと『転職に伴い5社、合計広告予算 200万のクライアントを引っ張ってきます。』って書いてあるのどっちの方が魅力的でしょうか

明らかに後者じゃないですか?
前者は嘘か本当かわかりません。
後者は入社さえすれば数ヶ月でわかります。

また、一般論になりますが、サラリーマンや会社勤めの人は年齢に合わせて給与が直線的に伸びます。
これはつまり何歳になったらいくらもらえるか予測できることを示唆します。
つまりサラリーマンである限りあなたの生涯給与は推算できるということです。

一箇所からしか収入源がないのは会社でいうと1クライアントからしか売り上げないのと同じでとてもリスキーなのです。
しかしそれを平気でする人がなんと多いことか。
『隣の億万長者』という本を読むといいですが、資産家の多くは事業主で事業主でない限り給与は上がりません。

広告代理店業務に限らず他の収入源、または他のことをすることをオススメします。
僕の友人は株の配当金で毎月約4万円の収入があり、僕なら彼にお金を払ってでも資産運用や株のアドバイスを欲しいぐらいです。

これを読んだ人は改めて信頼を勝ち取るためのコミュニケーションスキルの重要性を認識し、同時に副業や本職以外のことを始めて違う収入源を確保することを願っています。

NEW

NEW BLOGs

applemint の最新のブログをご紹介!

applemint に関する問い合わせはこちらから