【転職希望者必見】大手メーカーから広告代理店に転職して2ヶ月の感想

【転職希望者必見】大手メーカーから広告代理店に転職して2ヶ月の感想

皆さんこんにちは!applemintのKayです。

日本は2年連続でゴールデンウィークが緊急事態宣言になって大変ですね…。台湾でもまだ時々感染者が発生していますが、日常生活には大きな影響はありません。

最近ではワーキングホリデーも再開したようで、日本人のワーホリ渡航者の方ともお話しする機会が増えました。今このタイミングで台湾に来たことは絶対正しい選択だと思います!(今のところは最高レベルに安全…)

そして私も30歳にして台湾国内で広告代理店のapplemintに転職し、早くも2ヶ月が経ちました!このブログを見ていただく方の中には、30代でキャリアチェンジって可能なの?と悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで今回は、30代でのキャリアチェンジを考えている方に向けて、転職組の私が、どのような仕事をしているのか、そして広告代理店の大変さと面白さを、正直にお伝えします!(本当に正直に伝えるので、社長に見られたら困る内容です 笑)

転職

広告代理店のお仕事

まず初めに、今の私がapplemintで一週間でこなしている仕事を紹介します。

①デジタル広告の運用: Google、Facebook

②コンテンツマーケティング関連仕事: ブログテーマ決め、調査、企画、執筆など

③SNSの運用: インスタなどの投稿内容作成、企画、運用など

④その他: お客様へのレポート作成、リクエスト対応、時々会議など

大体こんなところだと思います。(ちなみに社長は倍以上の仕事をしております。)仕事が多くて大変そうだなぁと思うかもしれませんが、慣れれば転職組でもなんとかなります!

実際には定時帰りの日も多いですし、社員みんなでサポートしてくれるので、今のところ心身ともに全く問題ありません。残業続きで精神を病みそう…という一部の広告代理店のブラックなイメージとはapplemintは大きく違います!これは本当です。

オフィス

そして広告代理店に入って知ったのは、全ての仕事は、まず初めに目的をはっきりさせないといけないということです。Google広告ひとつでも、認知の向上、ウェブサイトへの訪問数増加、予約増加、などなど、目的が違えばアプローチの仕方が全く変わります。

これは全ての仕事に共通することですが、広告代理店では最初の目的の設定は特に重要で、私も常に目的を考える癖がついてきました。

さらにapplemintは主にデジタルマーケをしている会社なので、日々の情報収集は欠かせません。また最新のトレンドにもついていく必要があるので、2ヶ月前より確実に流行に詳しくなりました。

ちなみに私はおアニメ商品を販売しているお客様の製品の市場調査も兼ねて(遊びではないです)、20年ぶりくらいにコナンの映画を見に行きました!

ちなみに私はおアニメ商品を販売しているお客様の製品の市場調査も兼ねて(遊びではないです)、20年ぶりくらいにコナンの映画を見に行きました!

applemintに入社して2ヶ月で、今までより世界が広がったことは、私にとっては大きなメリットでした。

世界

広告代理店で大変なこと3つ

ここまでapplemintのいいことばかり書いてきたので、ちょっと苦労している部分についても3つ紹介します。(苦笑)

  1. ミスするとお客様に迷惑がかかるプレッシャーがある
  2. PDCAサイクルを高速で回さなくてはいけない
  3. 常に情報のアンテナを貼っていなくてはいけない

私は入社して2ヶ月ですが、すでに予算間違いというとんでもないミスで、お客様からお叱りのお言葉をいただきました。これは100%私のミスなので、何も言い訳できませんが、これが相当の規模だったら…と思うと肝を冷やしました。もし自分のミスでお客様の信頼を失うようなことがあれば、とても悲しいです。

そしてPDCAのサイクルがとんでもなく早いです。デジタルマーケティングの技術は日々進化するので、常に状況を見てPDCAサイクルを回す必要があります。

例えばgoogle広告の検索キーワードの例ですが、今までは「効率が悪いから避けるべき!」とされていた方法が、実際に試してみたら「すごい効率よく予約取れた!」ということもありました。

そのため毎日ルーチンワークをこなす、という仕事とは正反対になります。常に頭を使っていたい人には向いていると思いますが、のんびり仕事したいという人には、ちょっと辛いかもしれません…。

また広告代理店では、消費者の理解をする必要があるので、マーケターも常に情報のアンテナを張る必要があります。そのため社員はみんな、デジタルマーケ以外にも世の中の様々なことを調べています。

たまに休日も散歩を兼ねて視察にいったりしますが、他人や他社に興味がない人にとっては、苦痛かもしれません…。

学び

広告代理店で楽しいこと3つ

辛いことで終わるのはちょっと社長に申し訳ないので、最後は広告代理店の楽しいことを紹介したいと思います!

  1. 商品の試用ができる
  2. 業界の最新情報を知ることができる
  3. SNSに詳しくなれる

お客様がBtoCの場合、大体が商品のサンプルを送ってくれます。今は消臭効果のあるタブレットを試しています(笑)。自分では普段買わない商品を手に取って使えるので、意外な発見があって面白いです。

この前はapplemintが以前担当していた美容関連のお客様の商品をもらうことができ、女子はみんな大喜びでした!

また運用を依頼してくれているお客様とは必ずお話をする機会があります。こちらからの報告のついでに、業界の最新情報やここだけウラ話などもお話ししてくれるので、普通の仕事にはない、結構レアな機会だと思います!

そして今流行りのSNSには絶対に詳しくなれます。というか詳しくならないと仕事にならないです。つまり、仕事を通してSNSに詳しくなれるので、自分のSNSにもその知識と経験を活用できます!私は今社長と一緒にインスタ用の商品写真を撮っており、カメラの使い方も勉強中です。

きっと半年後には100いいね!がくるインスタ投稿ができるようになるはずです!

きっと半年後には100いいね!がくるインスタ投稿ができるようになるはずです!

インスタ

まとめ

皆さん、30代でキャリアチェンジをするイメージが、少し湧いたでしょうか?

私が2ヶ月働いた結果言えることは、周りのアドバイスを真摯に受け止めて、お客様に興味が持てれば、転職組でもなんとかやっていける、ということです。少なくともapplemintでは、真剣な方のチャレンジを応援します。

今回紹介したように、広告代理店の仕事には楽しいことと辛いことがあります。ですが私はapplemintに入って、この2ヶ月間で今までの何年分ものことを学べました!

広告代理店の仕事は人により向き不向きがありますが、この記事を読んで少しでも広告業界に興味を持っていただけたなら、ぜひチャレンジすることをお勧めします!そして、もし台湾でapplemintの一員に加入したい!という方がいたら、ぜひこちらからご連絡くださいね。

※ 2021年5月現在は日本人の方を募集していません。募集することになったらSNS で告知します!

applemint に関する問合せはこちらから

Kaori Tsuyama

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ