【台湾 (台北) オフィス節約術】applemint の新オフィスとコスト公開!

【台湾 (台北) オフィス節約術】applemint の新オフィスとコスト公開!

こんにちは、台湾にあるウェブマーケティングの会社 applemint 代表の佐藤(@slamdunk772) です!

applemint は2021年9月に起業して5年目を迎えます。あっという間でした。起業4年目に少し広めのレンタルオフィスに引っ越しましたが、ここで悲劇というかトラブルが勃発します。詳しくは下に書いてます….

More to read

こんにちは!台湾で applemint というウェブマーケティングの会社の代表を務める佐藤(@slamdunk772) です! さて、applemint は台湾で起業して早4年が経ちました。コロナ渦で […]

そこで2021年の8月に思い切ってオフィスを引っ越しました!何と初めての自社オフィスです!レンタルオフィス卒業しました!

結論を言うとこのオフィス最高です!

しかし引越しを決意した時、applemint はまだまだコロナの影響を受けていてとても内装費に何十万元もかけるお金はありませんでした。そこでどうしたか?僕らは居抜き物件を見つけ、結果的にめちゃくちゃ費用を抑える事に成功しました。

今回は今後台湾 (台北) で新しいオフィスを手配しようとしている方向けにオフィス探しの節約術や注意点をお話させてください!

自社オフィス探し

office

僕らがオフィスを探したのは2021年の7月です。理由は冒頭でもお伝えしたように、気分転換というか心機一転仕事をしたかった事と、オフィスが狭かったからです。

2021年7月はちょうどコロナウイルスが台湾で拡大していてリモートワークが大流行していました。また、商売がうまくいっていない企業も多かったせいか物件を探し始めるとすぐに空のオフィスが見つかりました。

僕らはコストを抑えたかったので居抜き物件 (オフィス) を探しました。中国語で居抜きは「頂讓」と言います。今後台湾でカフェやお店の居抜き物件を探したい人は「頂讓」と検索してみてください。物件探しは591で行います。

残念ながら居抜きの”オフィス”は検索しても中々出てきませんでした。従って今後居抜きのオフィスを探す場合大事なのは、検索して出たきたオフィスの写真に椅子や机が映っているか否かです。映っていたらすぐに電話をして確認してください!メールじゃなくて電話です。(以下のような写真)

こんなやつ

電話で確認後、椅子や机が置いてある事を確認したらすぐにアポをとって訪問してください。居抜きのオフィスはめちゃくちゃ人気なので、すぐに契約をしないと他の人に取られます。

ザ・日本みたいに「前向きに検討します」なんて悠長な事言うとすぐに取られます。僕らはそうして椅子も机もそのままの、超いい感じのオフィスを見つけてその日のうちに訪問しました。

そして、次の日には敷金を払い仮契約しました。

オフィス契約時の注意点:スピード

物件を見つけてから契約までのスピードが半端無いと思いますが、台湾ではいいオフィスやいい物件があったらそれぐらいのスピード感が必要になります。

僕らが見つけた物件はなんと591に掲載をして数時間後に僕らに見つかり、次の日にはなんと僕らを除いて3社も物件を訪問していました。幸いにも僕らが最初の訪問者で、僕はその日の内に「ここに入りたいと思います。僕のパートナーと確認します」と入居する意思表示をしました。

その後、他の訪問者も入りたいと申し出たそうですが、僕らの印象が良かった事もありオーナーさんは僕らのために断ってくれてました。しかし断ると言っても待ってくれたのは1日だけです。このーオーナーでなくても台湾の大家さんはそんなに悠長には待ってくれません。せいぜい1-2日です。

なので、気に入ったオフィスがあればすぐに決断しましょう。

オフィス契約時の注意点:交渉

当たり前ですが、新オフィスに入居する時は交渉しました。交渉したのは契約年数や電気代などです。家賃は交渉してません。というのもオフィスの家賃がすでに相場と同じかそれより少し安かったからです。これ以上安くする必要はないと思っていました。

ちなみに新しいオフィスは松江南京の近くで、駅から徒歩5-7分ほどです。(台北市中山區長安東路二段108號9樓之3)

新オフィス住所

僕が個人的に思う交渉する時のポイントは以下です:

  1. ここがダメでも次に絶対良いところ見つかるという強気の姿勢で臨む
  2. まず良い印象を与えたら割と強気で臨む (初めの訪問は大事)
  3. 妥協点は用意する

別に僕は交渉のエキスパートではないので、参考になるかわかりません。ただ、初めの訪問で良い印象を与えることには結構力を入れてます。なぜなら大家さんも結局良い人に貸したいからです。

交渉の結果向こうも色々と妥協してくれました。日本人の方は家賃交渉の時にすぐ諦めてしまいがちですが海外(台湾)ではしっかり交渉した方が確実に良いと思います。

新しいオフィス公開

では、ここまで僕らが絶賛しているオフィスは一体どんな感じなのでしょうか?いくつか写真を貼り付けたいと思います。

休憩スペース
仕事ルーム
会議室
バーカウンター!?とターンテーブル

合計3部屋あって、1. 会議室、2. 休憩スペース、3. 仕事ルーム、です。家賃は電気代や管理費込みで50,000 元ぐらいです。

佐藤峻leo sato

今は円安なので家賃は20万円の計算になりますが、大体15万円ほどのオフィスと思えば良いです。

かなり満足です。ちなみに僕らの起業1年目、2年目、3-4年目の写真ものせておきます。僕らの成長が見て取れます(感動)

1年目
2年目
3-4年目

ちなみに3-4年目のオフィス (レンタルオフィス) はこの広さで43000元ぐらいしました。なので+1万元で前より3倍広くなったので大満足です!

気になるコスト

次にこの新しいオフィスに入居するのにかかったコストについてお話しします。結論を言うと3万元 (12万円ほど) です。

机や棚、椅子は全てそのまま置いてあったので僕らが追加で購入したものは以下です。

  1. 冷蔵庫:8,000NTD
  2. 電子レンジ:2500NTD
  3. IKEA のテーブル:4000NTD
  4. IKEA の机:2000NTD
  5. IKEA のフットレスト:600NTD
  6. 電動ケトル:1000NTD
  7. 無印のスリッパ10個:1020NTD (大特価)
  8. IKEA のソファー:2600NTD
  9. サイコロ型のなんとかソファー (懶骨頭):4000NTD
  10. その他色々:5,000NTD ぐらい?

合計:30,720NTDぐらい

引っ越し代はなしです。元々のレンタルオフィスが今のオフィスから徒歩3分の距離にあったので、引っ越しの時はスーツケースに荷物詰めてみんなで2往復ぐらいしました。

ターンテーブルは僕の私物で、お酒は僕が2000NTD 自分のポケットマネーから出しました。

今後このオフィスで Youtube の撮影をしたり、イベントを開いたり、スタッフ同士で毎月第3金曜日に飲み会をしようと思っています!

佐藤峻leo sato

ターンテーブルはパーティ用ではなく、僕のmixテープ用です。ボンボンしてたら退去させられそうですし…

あ、近々台湾限定 applemint lab のT-シャツを作るのですが、月・水・金の9時-6時の間に来て頂ければ売ります。知り合いのアパレル会社の社長に発注してもらったアパレル会社品質のT-シャツです (笑)

結論

最後にこのブログをまとめます。

  1. 居抜き物件を探したい方は 591 で「頂讓」と検索する
  2. オフィスの居抜き物件は検索しても出ないので、写真を見て家具の有無を判断する
  3. 電話をして家具がある事を確認する
  4. オフィスを訪問して、いい物件だったら即決が大事
  5. ただし交渉はきちんとする
  6. 訪問時に誠実な印象を与える (相手が不動産屋ではなく大家さんの場合は特に)

以上applemint 代表佐藤から台北のオフィス節約術についてでした!

applemint に関する問合せはこちらから

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ