Posted on

台湾 SEO 裏話 – 台湾で実際に見たひどい SEO サービス実例3選と対策

台湾 SEO 裏話 – 台湾で実際に見たひどい SEO サービス実例3選と対策

こんにちは!applemint 代表の佐藤です。

弊社は創業して間もないですがこれまで ひどいSEO のサービスを提供している会社をいくつか見たことがあります。どれも既存クライアントから「実は〜〜社に SEO をお願いしているのですがきちんとしているか見てくれませんか?」というお願いからひどいサービスを目の当たりにすることになりました。

以前、コチラの台湾 SEO 関連のブログで、どういう会社に SEO のサービスを依頼してはいけないかお伝えしました。今回は実際に私が見たひどいSEO のサービスの実例3選をご紹介したいと思います。

関連記事:台湾 SEO 裏話 – 台湾で実際に見たひどい SEO サービス実例3選と対策

もしも1つでも当てはまれば業務委託を本気で考え直した方がいいです!ただし実例に入る前に SEO の簡単な仕組みを理解しないと実例がどれだけひどいかわからないため、まずはものすごく簡単に SEO の仕組みをご紹介します。

SEO の簡単なロジック


SEO に有利と言われる今も昔も変わらない原則は以下です。
ある特定のキーワーから流入後:

1) 流入者(ユーザー)から良いと思われているサイト
2) Google が良いと思ったサイト

つまり SEO のサービスを提供する会社はある特定のキーワードを通して流入したユーザーに良いと思われるようなサイト、そしてGoogle に良いと思われるサイト構築のお手伝いをすればいいのです。

では流入ユーザーから良いと思われるサイトとはどういうサイトでしょうか?今回は簡単にご説明します。詳しくはコチラの記事に書いているので是非チェックしてみてください!

流入ユーザーおよび Google から良いと思われるサイトの指標


流入ユーザーとGoogle からいいと思われるサイトの指標を本当に砕けてご紹介します。

その1:SNS でよくシェアされているサイト。SNS 上でシェアをされるようなページは他人からいいと思われる基準の一つです。

その2:他人のサイトでよく紹介されているサイト(以下イメージ参照)

taiwan-backlink

こういうリンクを業界用語で “バックリンク”と言います。バックリングについては英語ですがBrian Dean という人のブログが一番わかりやすいです。

その3:モバイルフレンドリー。Google は最近モバイルからの流入を重視しています。

その4:ローディングスピード。ある特定のキーワード検索後に A とB のサイトが出てきて、A のサイトの方がローディング速度が早い場合、A が上位にくる可能性が高いということです。

つまり、SEO の会社が本質的に取り組まないといけないのは大きく分けて、1) SNS や他人のサイトでシェアされる様な良質なコンテンツの作成、2) モバイルから流入したユーザーの UX 向上、3) ローディングスピードや内部の最適化の3点に集約されると言っていいと思います。

これらがわかったところで次に弊社が実際に目の当たりにしたひどいサービスの実例をご紹介しましょう。

実例その1. 毎月検索順位を報告するだけの日系広告代理店A社


Google には Search Console といって、どんなキーワードからサイトに流入して来たかがわかるツールがあります。

こちらの会社さんはそのツールのデータを excel にまとめ、検索順位は運任せのように放置し、毎月1回、今何ページ目かという報告のみをしていました….

実例その2. コンテンツの執筆なし! SNS への投稿提案もない日系広告代理店B社


SEO では他人に良いサイトと思われるために、よくコンテンツ(ブログ)やインフォグラフィックを制作してSNS で投稿してシェアを狙います。こちらの会社さんはそういったご提案はなく、且つ FTP へのアクセスがなかったため、内部の最適化も特にしていないようでした。

未だにどうやって SEO をしていたのか不明です。しかしながら SEO をする前からすでに高いランクにあったキーワードを成果報酬で課金していたため、この会社は毎月何もしなくても収入を得ていました。

実例その3. よくわからない内部最適化実施


私が広告主なら内部最適化で一番お願いしたいのはスピードアップですがこの業者はメタタグとメタディスクリプションの設定をしますと言っていたようです。

これらの設定はやらないよりはやった方がいいのですがだからと言って SEO にものすごく影響するかというとほんの一部です。

しかも聞いた話によるとセキュリティの都合上、業者はサーバーへのアクセスがなく、クライアントの担当者はよくわからず毎月成果報酬として1ページ目に出てきたキーワードに課金をしていたそうです…..

悪徳業者に対する対策


ではこのようなことをしてくる業者に出くわしたら何をすればいいのか?もし今後台湾で SEO を業者にお願いした場合はひとまず以下の2点を聞いてみてください:

  1. 流入ユーザーから良いと思われるサイトのために何をしているか聞く:コンテンツの執筆はしますか?インフォグラフィックの制作はしますか?コンテンツを SNS とどう連携させますか?など)
  2. Google から良いと思われるサイトのために何をしているか聞く:モバイル最適化のために何をしているか、ローディング速度や UX /UI に詳しいかを聞く。

これらの施策は真面目にやっていると結構な時間がかかり、自然と結構な費用が発生します。また、内部最適化は踏み込もうと思えばウェブサイトの再設計からサーバーの再検討などやれる範囲は広いです。そのため本当にきちんと SEO をしたいと思ったら長期的な視点ケチらないことをお勧めします。

そして、価格が安いことを売りにするような業者には気をつけてください。(〜〜費用なし!、成果報酬などなど)なぜなら SEO は成果報酬や〜〜費用負担なしとかで採算が合うほど楽な仕事では無いためです…..

まとめ&最後に


最後に、applemint がどういう取り組みをしているかご紹介します。

applemint ではユーザーから良いと思われるサイトのためにコンテンツ執筆をよく行います。具体的にはイラストとインフォグラフィック(イラストなどを用いて視覚的に情報を伝えるデザイン)の制作を積極的に行なっています。

以下はサンプルですが整形外科のクライアントさんの SEO で制作したインフォグラフィックです。女性の胸の理想とされる比率や各国のデータをイラストでわかりやすく表現しました。

こちら結果的に SNS で反響があり、このインフォグラフィックを載せたコンテンツも自然とクライアントが希望された胸関連のキーワードでランキングが上がりました。もしこういったインフォグラフィックに興味がある人がいれば以下の弊社サイトからどうぞ!

関連ページ:台湾 Discovery Channel

また、インフォグラフィックに限らず、弊社の SEO のサービスに興味があるという方はコチラからご連絡お願い致します!

皆さんも台湾で SEO の業者に気をつけてください!

NEW

NEW BLOGs

applemint の最新のブログをご紹介!

applemint に関する問い合わせはこちらから