【台湾で店舗集客】低コスト派にぴったりの対策4選

【台湾で店舗集客】低コスト派にぴったりの対策4選

こんにちは、applemint 広告運用担当の Hiro です。

ウェブ広告を使って実店舗集客する方法が進化を遂げています!
O2Oって聞いたことありますか?「Online to Offline」と言って、ウェブ上で集めたお客さんに実店舗サービス利用を促進する取り組みのことを指します。

O2O の取り組みが進むと、今まで実店舗ビジネスにとって把握しきれなかったウェブ広告の集客数や費用対効果、どんな広告バナーが響いたのかなどの超詳細までもが可視化できる様になります!

最近デパートなどの高層ビルでスマホを2台持って歩き回っている人を見かけた事はないでしょうか?現在リアル店舗をウェブと繋げるためには、百貨店の様な店舗密集エリアでも正確に個々の位置情報を把握可能にする必要があります。そのために、どうやら最近 Google の社員が GPS の精密度をテストして歩いているのだそう。

このブログでは、進化が止まらない O2O 施策に関してウェブマーケティングの知識がなくても取り組める対策をご紹介したいと思います!
台湾での実店舗経営者や店舗集客に悩んでいる方にオススメです!

無料なのに効果抜群!Google検索を攻略する方法

まず実施コストがかからない無料の対策を2つご紹介します。
実店舗をお持ちの方は必ず行うことをお勧めします!

Googleマップ上位掲載で
”今行きたい”人に選ばれるお店に!

マップ検索上位掲載 MEO

まずご紹介するのは、Googleマップで一番上に表示される方法です。
Google map で上位に表示されることを業界用語で、 MEO(Map Engine Optimization)と言います。

例えば、今読者のあなたが台北駅の近くでステーキ屋を探しているとします。
あなたはかなり高い確率で、Google か Google map を使ってステーキ屋を探すと思います。

このとき、Google mapで上位に表示されるステーキ屋があなたに選ばれるのは想像に難くないです。つまり地図検索で一番上に表示されると ”今行きたい” ユーザーに選ばれる確率をぐっと上げる事ができます。

では Google Map で自分のお店をどうやって上位表示させるのでしょうか?

地図検索で上位に掲載するコツ

Google マイビジネスに登録可能な限りの情報を全て更新する
Googleマイビジネス のレビュー数をとにかく増やす
レビューは目標★4以上

弊社顧客のカラダファクトリー 様はマイビジネス の改善をきっかけに過去最高の集客数を更新しています!

※台湾ではGoogleレビューが★4以下のサービスは危険視される傾向があるそうなので、もし自社サービスのレビューが★4以下の場合、急ぎ改善に取り組んでください。

※Google マイビジネスを知らない、或いは未登録という方は今すぐ以下のリンクから登録することをオススメします!
Googleマイビジネス申請はこちら:https://www.google.com/business/

検索結果で一番上に表示される注目の店になる!

Google検索上位掲載 SEO

Google 地図で上位表示されるには Googleマイビジネスの更新が鍵です。

では、Google で上位表示させるにはどうすればいいでしょうか?

検索結果で最上位に表示されるお店になるには、検索されそうなキーワードに狙いをつけてブログ投稿や Facebook 投稿を行います

日本だとサロン系ならホットペッパー、レストランならぐるなびなど、口コミプラットフォームがあります。しかし台湾にはそういったプラットフォームがありません。厳密に言うと、あるのですがあまり浸透していません。

日本だと「地名 + 料理の種類」を検索すると、「食べログ」や「ぐるなび」などグルメサイトばかり上位表示されますが、台湾だと個人ブログがよく上位表示されます。

日本語で「居酒屋 中山」と検索した場合▼

日本の検索上位はアクセス数の多いメディアプラットフォームが独占しがち

中国語で「居酒屋 中山」と検索した場合▼

台湾では個人ブログでも上位掲載を十分に狙える

台湾には日本と違い、アクセス数が桁違いの媒体がないため、自社サービスの上位表示を狙うことはさほど難しくないと思っています。

まずはいくつかのキーワードに狙いを絞って、SEO フレンドリーなブログを書きましょう!自身でブログを執筆するのも良いですし、専門のブロガーに執筆依頼をするのも良いと思います。

SEO フレンドリーなブログの書き方はこちらを参考して下さい。

More to read

applemint が台湾でコンテンツを3年間執筆してきて蓄積した、台湾SEO のためのコンテンツノウハウを特別に公開します。


宣伝費かけて大量集客!中小ビジネス向低コスト運用

ここからは宣伝費用をかけて集客強化する方法をご紹介します!

弊社の事例を含め、広告運用の施策の一部として取り組める施策をご紹介します。Google や Facebook などで既にウェブ広告に取り組んでいる方や、広告費をかけて大量集客を目指す方は必見です!

Google広告『〇〇駅から徒歩○分』で選ばれるお店に

実店舗サービスといえば Google 検索広告です!

過去の経験からレストランやマッサージ、サロンなど地名を含む検索は今すぐにそのサービスを必要としている傾向が強いと判明しています。

例えば今すぐマッサージを受けたい!という消費者はスマホを使って、
『中山 マッサージ』『付近のマッサージ店』などの検索を行うことでしょう。
こうした消費者に効果的なのが、広告文でダイレクトに位置情報を伝える事です。

位置情報を表示する事で『あの辺にあるのか。いってみよう。』と想像しやすくなり、消費者にストレスを与えることなく店舗誘導する事ができます。

店舗付近の検索者を誘導するには

位置情報を広告テキストの一番初めに入れるのがコツ!
例えば…
『台北駅から徒歩3分/日本語対応OKのヘアサロン』
『九份入り口すぐ横 / 日本語対応OK マッサージ』

弊社クライアントの例では、位置情報を記載した広告文はサービスや割引を謳った広告よりも、クリック率が 2〜3% ほど高い事がわかっています。

Facebookで半径 kmにいる人へ集中アプローチ

知っていましたか?Facebook も Google 同様 *GPS を使ってユーザーの位置情報を特定しています。
*スマホの設定によって追跡オフが可能です。

そのため、実は Facebook 広告も Google 広告同様に GPS 情報を使って、特定の場所にいるユーザーへ広告を配信することができます。

この機能を使うにはビジネス情報を事前に Facebook へ登録しておく必要があります。登録が完了すれば、指定範囲内にいるユーザーに地図付きの広告を出して来店を促すことができます。

Facebook の通常広告は詳細な配信地域指定ができないため、中小規模のオフラインビジネスには敬遠されがちだと思います。しかし、この機能を使えば路上でのビラ配りの様に Facebook 広告を活用する事ができます!

私もクライアントの代理で店舗登録をしましたが、ものの数分で完了しました。Facebook 公式の店舗追加方法ヘルプページ

Facebookの実店舗広告
  • 半径〇〇km以内にいる人へ広告配信が可能!
  • ビラ配り感覚でウェブ広告を活用できる!

番外編:SK-IIの実店舗集客体験記

SK-IIさんが実店舗集客施策として『肌年齢チェック』の体験申し込み広告を配信していたので、実際に予約をして集客一連の流れを体験してきました!

台湾のデパートコスメブランドがよく実施しているのが体験予約広告です。
セール期間になると
「新商品体験予約で無料サンプルセット贈呈!」
「肌年齢チェック無料受付中!」
このような Facebook 広告をよく見かけます。

要約すると無料のカウンセリングサービスや商品サンプルをあげるので店舗に来てください、という O2O のマーケティングプロモーションです。
このプロモーションは店舗集客だけでなく、来店予約時に顧客データを収集でき、広告主にとってはコスパの高いマーケティング手法です。

以下体験記です!

Facebook 広告をクリックするとこのような体験申し込みページに遷移しました。

SKII体験予約サイト

『今すぐ予約』をクリックし、氏名、メール、生年月日、電話番号を記入します。

予約フォーム

予約する店舗と日時を指定して送信したら予約完了です。中々スムーズな予約体験でした!

店舗・日時選択


そして予約日当日。
予約していたカウンターへ向かいます。

急ぎ足で説明を受けよく理解できぬまま機械を顔に当てられ肌年齢チェック完了。診断結果も細かく説明してくれたのですが、『マニュアル読んでます!』という感じでした。
説明が終わると、すぐに体験者限定商品セットのセールストークが始まりました。同行した台湾人の旦那ですら聞き取れないほどの速さで商品説明され「買う?今日はやめとく?」と捲し立てられ即撤退してきてしまいました…

店舗に出向くユーザーは購買意欲が高いことは確かです。実際に私もセレブ御用達で有名な SK-II に興味があったからこそ店舗へ行きました。正直試しに一本買ってみようかなくらいの気持ちで足を運んだので、もう少し優しくされていたら普通に購入していたかもしれません。

例えウェブ広告で集客を強化できたとしても店舗サービスの質が伴わなければ意味がないと身を以て実感でき、大変お勉強になりました!

台湾の実店舗マーケは applemint

以上、実店舗ビジネスでも低コストで取り組む事のできる4つの対策をご紹介しました。

無料でできる!

・Google マップ上位掲載で今行きたい人気店になる
・Google 検索上位掲載で注目のお店になる

費用をかけて集客強化!

・Google 検索広告:近くにいる人に『ココにいるよ!』アピール
・Facebook 実店舗広告:店舗から半径○km内の人にビラ配り

applemint ではオンラインだけでなく、実店舗ビジネスのご支援も行なっています!実際にご支援中の実店舗ビジネス事例などもご紹介が可能です。
事業規模に合わせたマーケティング計画や、オンラインツールを使った集客支援等、ご相談を承っています。お気軽にご相談ください!

applemint に関する問合せはこちらから

Hiro

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ