Posted on

【朗報】超使える台湾マーケティング情報!数字から見る台湾人の消費傾向

【朗報】超使える台湾マーケティング情報!数字から見る台湾人の消費傾向

こんにちは applemint代表の佐藤です。マーケターの仕事は売れる仕組みを作ることと某有名マーケターが言ってました。

売れる仕組みを作るためには買う人の心理を理解しなければいけません。つまり台湾におけるマーケティングでは台湾人が何にお金を使っているか理解すれば売れる仕組みを作る手がかりになると思われます。

しかしいくら「台湾」「マーケティング」と検索しても台湾人の消費傾向を書いてくれているような記事が見つからなかったので今回は台湾人の収入と支出に関してお話をしたいと思います。

かなり細かく数字を見たため非常に細かく、有益な情報になっていると思いますので是非一読ください。

まずは支出の原資である所得を見てみた


まずは2001年 – 2015年までの過去15年の所得と可処分所得(disposable income)を調べ、ついでに両者の比率を調べました。

taiwan income

所得が額面の給与だとすると可処分所得は手取り給与です。例えば額面の給与が100万から120万円にアップしたのに手取りは両方とも 80万円だと意味ないですよね?

つまり所得が上がっても所得に対する可処分所得の比率が上がるか、維持されなければ自由に使えるお金は増えないのです。幸いにも数字を見ると一番右の比率は 0.83 – 0.79 で少し減ってはいますが概ね現状維持です。 

そして所得は2001年 8,318,144 NTに対して2015年 12,726,414NT!!48% アップしています!これは台湾の人の手取りの給与が少しずつ上がっていることを示唆します。

(参考:https://www.dgbas.gov.tw/ct.asp?xItem=33338&ctNode=3099&mp=1 )

本題:台湾人は可処分所得 (自由に使えるお金) をどうしているのでしょうか?


可処分所得(自由に使えるお金)が増えていることがわかったら次に、台湾人は自由に使えるお金をどのように消費しているか見てみます。

可処分所得は通常2通りの使い方があります。貯蓄と消費です。
要するに貯めるか使うかということです。

今回は”消費” (支出) にフォーカスをあてます!

まずは食品・飲料・タバコの支出をご覧ください。
food-beverage
2001年と比べると 2015年の食料品及びタバコの支出総額は15年前と比べて 36.81% 増加です。

また、食料品及びタバコの支出はここ 15年コンスタントに全体の支出に対して 16-17% を推移しています。

所得に対して自由に使えるお金の割合は年々減っていますが食料品を節約している感じではなさそうですね。

物価が上昇していることと関係がありそうです。

次にここに表はありませんが衣類の支出を見た所、2001年頃をピークに全支出に占める割合は年々減り、3.9% だったのが2015年には 3% 程度になりました。

もちろん、総支出額は 2001年と比べると増えていますが衣類への出費は減っている傾向にあるのではないでしょうか。

住宅・水道などの支出〜台湾人の家賃から年収を逆算してみる〜


次に住宅、水道、電気代などについてお話します。
(参考: http://win.dgbas.gov.tw/fies/a11.asp?year=105)

住宅、水道、電気代の支出はコンスタントに全体の 24-25% です。

つまり、給与が上がろうが下がろうが大体給与に対して 25 % のお金を家賃やその他に使うメンタリティが見えます。

つまり!台湾の人に毎月の家賃いくらか聞けば逆算でなんとなく給与や年収がわかるかもしれません!(笑

例) 家賃:12,000NT の人の場合。

可処分所得(自由に使えるお金に占める支出の割合:約 82% (貯蓄は18%ほど)
82% の支出のうち、24-25% は家賃
X=可処分所得
(0.82X)=支出額
(0.82X x 24%) = 家賃 (12,000NT)
つまり
0.1968X =12,000NT
可処分所得 X =60,975NT (手取りの金額)
額面:60,975 x 1+ 18% (非消費支出の税金など) = 71,951 NT
年収:71,951NT x 12 = 863,414 NT (日本円で約 320万円)
家賃 12,000NT ぐらいの人で月々の手取りは大体 60,000NT ぐらい!?

もちろん、人によってはもっと多くの家賃代を支出して尚且つ給与も60,000NT より低い人も結構います。

あくまで趣味で逆算をしてみたまでです。

増え続ける◯◯の支出!!


次に交通費を見ます。
transportation
交通費はコンスタントに支出の大体 13% を占めているようです。

ただし、公共の交通は本来あまり値上がりしないので通常であれば収入が増えれば収入に占める交通費の支出比率は下がるはずです。

これはつまり、人々が少しばかり遠いところに引っ越しても広いところに住みたいということや携帯の料金が増えていることを示唆します。

次にそのよこの娯楽や文化、教育に関する支出を見てみました。

この支出は 2001年は全支出の12% だったのが 2015 年には 9% になりました。

簡単にいうと節約志向になっていると思われます。

次に娯楽の横にあるレストラン及び旅館の支出をみてみます。

2000年と比べると全支出のうちレストランへの支出は8% から 11% まで増え、支出総額も 86% アップです。

台湾人は自由に使えるお金の割合が少なくなってきたにも関わらずレストンの出費は増えているようです。

最後に、表には載っていませんが医療保険の支出も顕著に伸びており、総額だけでいうと2015年は2001年から 96% のアップです。

結論及び仮説


今回支出を調べてみてわかったことは以下です。

  1. 食料品への支出は増えている
  2. 衣類への支出は減少傾向
  3. 水道・電気・家賃への支出はコンスタントに全体の25%ほど
  4. 交通費への支出は増加中
  5. 娯楽や文化への支出は減少傾向
  6. レストラン・旅館への支出はかなり増加中

ここから見える台湾人の姿はマズローの欲求でいうと社会的欲求と尊厳欲求の間ぐらいに大部分の人がいるということな気がします。

参考:http://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html

住居の支出が安定して全体の 25% あるため、安全欲求は満たされていると思われます。同時に SNS への依存は非常に高く、どこかのグループに属してつながりを保とうとしている気がします。また、社会的に認められたいために SNS で頻繁に写真を投稿している気がします。

もしこの仮説が正しいようであれば私からのアドバイスは他人に自慢できるようなサービスを提供することです。そのサービスを受けていることが社会的にステータスになるようなことです。

例えば台湾人がマクドナルドと超おしゃれカフェ行ったらどっちを SNS でアップするでしょうか?後者でしょう。なぜなら「私はここで食べた」という主張をしたいためだと思われます。そこで私ならレストランは少々ユニークなデコレーション、そこでしか見られない演出が効果的と思われます。

価格は需要と供給のバランスを見て少し高めの値段設定もいいかもしれません。もしチームラボのように空間を演出できたらかなり面白そうですね。以上が私が台湾人の支出を見て感じたことです!

applemint ではデジタル・マーケティングの他台湾のことなんでもご相談を受けますので何かご相談ごとがあればお気軽にコチラからご連絡ください!

※当記事は個人的な意見であり、その内容・効果について保証するものではございません。

NEW

NEW BLOGs

applemint の最新のブログをご紹介!

applemint に関する問い合わせはこちらから