【台湾インフルエンサー】購入率が二倍!KOL投稿動画に使える3つのテクニック

【台湾インフルエンサー】購入率が二倍!KOL投稿動画に使える3つのテクニック

こんにちは、applemint 広告運用担当の Hiro です。
インフルエンサーマーケティングに悩んでいませんか?

「台湾でのインフルエンサー施策のやり方が分からない」
「インフルエンサー施策が売上に繋がるのか?」
「インフルエンサー施策の費用感がわからない」
「Youtuber、インスタグラマー、ブロガーどれに着手すべき?」
などなど
色々な悩みがあると思います。

今回このブログでは一番ご要望の多い売上直結型のインフルエンサーマーケティングについてご紹介します。

インフルエンサーの手配手順や注意点をお話しした後に、実際に過去実績の良い投稿の方法やコツ、実際の改善例などもご紹介します。

「代理店に依頼すると高いし…」というコスト節約派の方でも、インフルエンサー施策のコツや手配の流れが理解できるようにまとめていきたいと思います。

是非ご参考ください!

インフルエンサー施策の流れ

まずはインフルエンサーの確保〜投稿までの流れを簡単な図でご説明します。

① 依頼
私がよく使用するのは以下のような KOL 紹介サイトです。
KOL Rader
網紅獵人

もちろん出稿費等は掲載していないので、ここからは Facebook ファンページなどに記載されているメールアドレスに連絡して実施可能な人を探していきます。
10人に連絡して3人返信があればかなり好成績です。返事は来ないものと考えて、できるだけたくさんの方に連絡する事をお勧めします。

②サンプル送付
実施可能な人が見つかったら、氏名・電話番号・住所を聞き、紹介して欲しい商品を送付します。

③打ち合わせ
主に、商品紹介・脚本打ち合わせ・スケジュール確認・契約内容確認などを行います。
スケジュールは初稿>確認>修正>最終稿>確認 のようにそれぞれ細かく引いておく事をお勧めします。

④撮影
撮影及び編集を行ってもらいます。リードタイムはそれぞれ個人差が大きいですが、2週間前後見積もっておくと安心です。

⑤投稿
投稿日までに広告主権限を申請して、インフルエンサー本人のアカウントを借ります。
インフルエンサーアカウントで広告を配信すると購入率に約2〜2.5倍の差が出るという結果もあるため、対策必須です。

Facebookで動画広告配信が超効果的!

ではここからは、本題の「何をするか」と「なぜ」を具体的にまとめていきます。

売上アップにおすすめの施策は Facebook の動画投稿と投稿広告です。
以下が広告表示例です。

「Facebook?」「動画投稿?」と疑問に思われる方もいると思います。
ここから背景をお話ししていきます。

なぜ Facebook ?

過去記事:「台湾人保有率80.6% FACEBOOK広告を徹底攻略!」でご紹介している通り、台湾では人口の約 80% がユーザーで、人口最大の SNS です。

ひとつの媒体で人口の8割以上を網羅できる上、Facebook はカバーできる年齢層も他の媒体と比べて広いという特徴があります。そのため業界問わずとりかかりやすい媒体であると言えます。

※おまけ
Facebook はユーザー個人のアプリ上の行動やネット閲覧行動などを追跡しています。追跡した情報を使ってユーザーそれぞれの趣味嗜好や最近検索したキーワード等をデータとして蓄積していきます。
この個人化されたデータを広告配信に使う事でより的確に購入しそうなユーザーへ配信最適化を行うというシステムになっています。
Facebookの追跡は他のメディアよりも広範囲にわたるため、収集しているデータが他のメディアに比べて多いと言われています。そのため興味関心を使ったターゲティングが行いやすいというメリットがあります。

なぜ動画?

画像よりもエンターテイメント性が高くユーザーに受け入れられやすい傾向にあります。
また、画像よりも伝達できる情報量が多い為、商品サイト流入前の商品教育に、より適していると考えられます。

実際に applemint では動画を活用した事例の方が購入率が高いという結果が出ています。

動画制作 3つのポイント

Facebook の動画広告をするにあたって特に気を付けたいのは以下の3つです。

①〜60 秒以内に納める

過去の経験上、60秒前後の動画が閲覧率や購入率において良い傾向にあると思います。

自分が興味のない商品を紹介している動画を見てもらう事を意識し、「話は短く、簡潔に」余分を徹底的にカットして短く仕上げることをお勧めします。

②脚本は秒単位でコマ振りをする

この施策は動画を広告配信して売上に繋げる事が本来の目的です。
商品効果、特徴など広告配信を意識しながら脚本を作ると、広告配信実績が大きく左右されます。

私達の脚本はそれぞれのシーンを秒数指定しています。
もちろん短い時間に内容を凝縮するという目的の他にもう一つ大切な目的があります。それは広告配信に特化させるためです。

広告に適した動画には様々なコツがあります。
・最初の 3 秒は離脱防止に徹する
・15秒が動画の山場
・最後の 5 秒は見られない前提で作成する
など、ユーザーの行動パターンに合わせてコンテンツの順序や見せ方を考えていく必要があります。

上記の目的以外にも、秒数の指定をしておけばインフルエンサーとの撮影打ち合わせが容易というメリットもあるので、是非実践してみてください。

③音がなくても内容が理解できるよう字幕をつける

Facebook の場合、消音状態で閲覧しているユーザーが多い事を忘れてはいけません。

Facebook の公式でも音声がなくても十分に楽しめるコンテンツを推奨しています。

applemint 改善事例

最後に applemint の改善事例をご紹介します。

A社:コスメ

1件あたり費用購入率
実施前3176元0.46%
実施後2024元  (⬇︎36%)0.94% (⬆︎204%)

B社:スキンケア

1件あたり費用購入率
実施前1378元1.34%
実施後672元  (⬇︎51%)2.69% (⬆︎201%)

どちらも実施前から購入率が約二倍まで引き上がっています!
いずれも1章でご紹介した動画投稿の広告出稿でここまで効率の改善を実現しました。

日本ではインフルエンサーの投稿広告は実績が取れないという情報も耳にしたことがありますが、日本と台湾では媒体の位置付けも、アクティブユーザーの数も大きく異なります。

この際に是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は台湾で売上直結のインフルエンサー施策と実施方法についてご紹介いたしました。

簡単に要点をまとめると、
「Facebook に 60 秒動画を投稿してもらい、その投稿を広告配信する」
たったこれだけの作業です。

その際の注意点は、
・動画は60秒以内にまとめる
・秒単位でコマ振りをする
・ミュート状態でも理解できるよう字幕をつける

こんな事を意識すると良いと思います。

applemint では広告運用等ご支援を行っていないお客様にもインフルエンサー手配のサービスをご用意しております。
仕入れ値と仲介手数料を明記してご提案を行っており、安心してご依頼いただけます。

ご相談は無料で承りますので、お気兼ねなくご連絡ください。
ご連絡はこちらから » 台湾インフルエンサー手配のお問い合わせ

applemintへのご相談やご連絡はこちらから!

Hiro

関連ブログ

にお問い合わせ