【2022年版】台湾のペット用品市場とウェブプロモーション

【2022年版】台湾のペット用品市場とウェブプロモーション

こんにちは!リモートワーク中は30分に一回は猫を撫でるか、猫と遊んでいる applemint 代表の佐藤 (@slamdunk772) です。今日は僕が大好きな猫やペットについての台湾の動向をお話ししたいと思います。

applemint では、ずーと昔に、台湾のペット用品の会社からウェブプロモーションのお問い合わせが来ました。確か猫用品のプロモーションで、猫好きな僕はかなり興奮したのを覚えています。残念ながらお見積もりを出した結果、返事が来なかったのですが、それ以来台湾におけるペット用品の市場をちょくちょく気にかけてます。

そして今回真面目に調べたら、どうやら今、台湾はかなりのペットブームということがわかりました。コロナ渦でかなりペット需要が増えているようです。

そこで今回は、今の台湾のペット市場がどうなっていて、もしも僕が台湾でペット用品を売る事になったらどんなウェブプロモーションをするかというお話をします。

ついでにペット用品を販売することになった場合、どんな選択肢があるかお伝えした上で、ネットで台湾の人に販売出来ないか模索したいと思います。japanjapan

台湾のペット用品市場ってどうなの?

台湾ペット市場の概要

結論から言うと台湾のペット市場はかなり盛り上がっています。なぜなら子どもを育てる代わりにペットを飼う若者が増えているからです。

2021年のニュースによると、台湾の出生率は世界で一番低く、台湾人の女性は平均して1.07人の子どもを出生するそうです。台湾に次いで出生率が低いのが韓国で、韓国の女性の平均出生数は1.09人だそうです。

参考:台灣生育率全球倒數第一 專家揭脫不了二大原因

子供の出生率が下がるのを尻目に、ペット市場はどんどん盛り上がってます。2021年のペットの猫と犬の数は295万匹以上で、この数は2006年の2.5倍です。今では台湾の15歳以下の人口すらも超えています…。

参考:驚人!今年全台犬貓數量竟超過15歲以下幼年人口

どんなペットを買っているのか?

調査によると、台湾のインターネットユーザーが飼っているペットの種類は、犬(67%)が最も多く、次いで魚(33%)、猫(31%)となっており、小動物(17.5%)、鳥(14.9%)、爬虫類(7.1%)も一定の割合を占めています。

参考:數據圖表拆解毛小孩商機!養貓人數居然輸給牠、寵物用品市佔第一電商是哪家?

猫よりも魚を飼っている人が多いことには正直驚きました。ただし飼いたいペットランキングを見ると、犬(57.3%)、猫(46.9%)、魚(19.6%)の順となっています。猫は飼いたいけれど少しハードルが高いといった印象でしょうか。

台湾人はどこでどんなペット用品を飼っているのか?

ペット商品の販売チャネル

台湾でペットオーナーが最もよく利用する販売チャネルの1位は「ペットショップ(68.4%)」で、2位は「オンラインショッピングチャネル(47.4%)」、3位は「スーパー/コンビニ(46.8%)」、4位は「動物病院(16%)」という結果になりました。

参考:數據圖表拆解毛小孩商機!養貓人數居然輸給牠、寵物用品市佔第一電商是哪家?

ネットの時代とはいえ、意外と多くの人がペットショップでペット商品を購入しているようです。ちなみにうちでは全てネットで餌やおもちゃなど購入しています。

台湾におけるペット用品のEコマース市場は「shopee」が69.2%と圧倒的なシェアを占め、「momo」が32.5%、「PChome 24h Shopping」が29.8%と続きます。

Shopee がペット用品に強い理由は、単純に多くのペットショップが Shopee で商品を売っているからだそうです。詳しくは調べていませんが、恐らく Shopee は他社より出店手数料が安いためと思われます。

ペット用品

ペットを飼う際の最大の支出は、医療費と食事・おやつ代です。僕は猫を飼っていますが、確かにおもちゃはあまり買い換えません。しかし、いいおもちゃに出会ったら衝動的に飼ってしまいます(苦笑)

ペットオーナーが一番興味を持っているのもペットの健康 (医療) と食事です。特にこの分野のスマート商品が注目されています。

調査によると、台湾のペットオーナーの40%がペットテクノロジー製品を購入しています。26~40歳のグループが最も購入率が高く、主にスマートフィーダー (自動餌やりグッズ)(17%)、スマートウォーターディスペンサー(13.9%)、スマートペットカメラ(13%)など食行動に関する商品の購入が目立ちます。

参考:台網友66%養過寵物 5大科技產品受青睞

台湾でのペット用品の販売 (潜在性)

台湾のペット市場が成長を続けている事は事実ですが、どうやらかなり飽和状態にあるみたいです。しかし台湾に限らず恐らく日本やその他の国も同じだと思います。

そんな飽和状態のペット市場で販売が期待できるのがスマート商品です!

スマート商品はペットオーナーの需要もある上、デバイスを通してペットのデータを集め、データを基にさらに商品を改善すれば他社をリード出来ます。そのためには早い段階で台湾に進出するのがオススメです。

では台湾進出の際の販売ルートはどうしたらいいでしょうか?

一番現実的なのは販売代理店や実店舗がある企業を探して、日本から商品を卸すというパターンです。現に、台湾ではペットオーナーが最も使う販売チャネルは実店舗です。

その次がネット販売ですが、台湾のmomoやPChomeなどのEC モールに出店するには台湾に現地法人を置くか、販売代理店に出店をお願いするかの二つの対策が必要です。

販売代理店の多くは実店舗の他にECモールで出店をしているので、結局は販売代理店と協業する形が一番いいという結論にたどり着きます。

では他の方法はないでしょうか?あります。それが自分達で広告費をかけて、直接消費者に売るという方法です。

まずはリスクフリーで繁体字のインスタアカウントを立てたらどうか?

ネットで広告費をかけて、自分達のECサイト及び自分達のチャネルで売る強みはユーザーデータの蓄積と利益率アップです!

ペット商品の原価を調べた事はありませんが、決して安くないと思います。そこから更に台湾人向けに広告費をかけたら、利益がふっ飛ぶと思う方もいるかもしれません。

そこで、僕がご提案したいのが、台湾人向けのインスタアカウントの開設です!

まずペットが自分達の商品を使う様子を動画でアップし、台湾にいるペットオーナーと交流します。アカウントのプロフィール部分には自社ECサイトの URL を貼ります。

その際ECサイトは繁体字中国語にする事を忘れないでください。中国語のテキストはとりあえず全て DeepL に任せればいいです(*)。決済用のECカートは Shopify とかでいいと思います。

*DeepL の翻訳は簡体字しかないので、Google 翻訳で一度繁体字にする必要があります。

同じ要領で韓国市場も開拓できると思います。もしも台湾でインスタグラムの反応がよく、購入者がいるようなら、本格的にインスタ広告や Facebook 広告をしたら面白いかもしれません。

以上台湾のペット市場とウェブプロモーションについてでした!

applemint に関する問合せはこちらから

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ