Posted on

【超実用的!】プロによる中国語 (繁体字)パワポ資料超改善Tips

【超実用的!】プロによる中国語 (繁体字)パワポ資料超改善Tips

こんにちは代表の佐藤です。

以前私が台湾で見る中国語 (繁体字)パワポ資料の9割はイケてないからとりあえずフォントから改善をしてほしいというブログを書きました。(コチラ)今回は一歩踏み込んで弊社が実際に台湾で超改善したパワポの実例をとりあげ、より実践的なコンテンツにしたいと思います。

具体的には applemint 流の中国語(繁体字)パワポのレイアウトの改善法、視線を意識した改善、アイコンの有効活用と色の使い方をご紹介いたします。これを見れば明日からパワポを作る意識が変わるはずです。

レイアウト改善/優先順位の明確化


まずはこちらの例をご覧ください。

こちらは台湾にある chatwork 社が無償で提供していた会社/サービス紹介の資料の一部です。これを見たときどんな印象を受けるでしょうか?特に何も感じないという方が大多数ではないでしょうか?

弊社はこの資料を見たとき、いくつかの疑問を抱きました。

  1. 赤い点:赤い点は通常強調したい文がある時に使われます。しかしながら赤い点の横にある文字はスライドの中で一番小さいです。文字が一番小さいということは通常スライドの中で優先順位が一番低いことを指します。「優先順位が一番低い文を強調したい」という矛盾を感じました。
  2. 視点が定まらない:パッと見て赤い点が目立ち、イラストも目立ち、タイトルも目立ちます。つまり、スライドが丸ごと目に入るため、逆を言えば何をどの順で見ていいかわからないと思いました。

改善提案

弊社がご提案した改善資料が以下です (黄色い線はkeynote の定規なので実際の資料には表示されません):

まず、タイトル→イラスト→小テキストと優先順位を明確にしました。その上で優先順位が高い情報から低い情報に視線を誘導するため、タイトルを敢えて一番左に表示いたしました。不自然な赤い点も変更しました。

いかがでしょうか?印象がガラッと変わってしかも読みやすくなったと思いませんか?小さい文字が小さくなりすぎて見えないという意見もあるかもしれませんがそれでいいのです。小さい文字はじっくり見るための補足情報であって、全て均一に見える必要はありません。

パワポを作る時、スライドの中で一番伝えたい情報 1つをまずは明確にします。その後情報に優先順位をつけ、優先順位に沿ってスライドの面積で占める割合や、レイアウトを考えます。

視線の改善


まずはこちらをご覧ください。

このスライドを見て何を思いましたか?

弊社はこれを見て視線が上下して非常に疲れると思いました。簡単にいうと目が移動する距離が多いとお思いました。もっと上下の#1、2、3 を簡単に照らし合わせることはできないのかなと考えました。また、先ほど同様、タイトルはスライド内で優先順位が高いはずなのに、それよりも下のテキストが太字で目立ってしまっています。

そこで弊社が考えたのがこちらです。

まず、タイトルの文字を#1、2、3、のテキストよりも大きくして、優先順位をはっきりさせました。次に、視線は Z の流れで進む特性を利用し、先ほど同様横にコンテンツを配置したレイアウトにし、より視線に対して自然にしました。

アイコンの使用/強調改善


まずは以下の資料をご覧ください。

弊社が問題と思ったのは太字があまりに多いことと赤くて太い字が異様に目立ち、結果的に 1番目や2番目の例同様、優先順位がはっきりしないのでどこから何を見ていいかわからないと思いました。

このようなスライドは通常残念ながら伝わりません。

アイコンを使用して強烈な印象を残す

こちらをご覧ください。先ほど同様レイアウトは横に並べたものです。(その他のスライドが横並びなため、統一感を出すためにその後のスライドも全て横並びにしました)アイコンを入れることで強烈な印象を残しました。特にロックのアイコンを赤くしたことでこのスライドをご覧になった後、少なくとも「安全」のような印象は残るのではないでしょうか?

※イラストとテキストが同時に表示されるとテキストだけの時より数倍認知度が上がる研究結果が出ています。こういったアイコンを少し入れるだけで見やすや覚えやすさが全然変わります。

色の改善


最後にこちらのスライドをご覧ください。

もうここまでくるともしかしたらなんとなく改善点がわかるかもしれませんね。弊社が疑問に感じたのは「赤」の多用です。赤という色は背景が白の場合、非常に目立ち、非常に強烈な色です。故に私なら1つのスライドで使うの1-2回です。本当にどうしても伝えたい内容がスライド内に1つか2つある時に限定します。

また、テキスト同士のスペースが非常に窮屈に見えます。

弊社提案

無駄な赤を削除しました。また、テキスト間のスペースをもう少しゆったりめにしました。
※繁体字の中国語は画数が多いため、デフォルトの文字間スペースだと窮屈に見えることが多々あります。mac の keynote や windows の powerpoint ではきちんとスペーシングの調整ができるため、気づいた時に行なってみてください!

いかがでしたでしょうか?
ほんの少しの調整が大きな改善を生みます。皆さんも次から意識してみてはいかがでしょうか?ちなみに現在の chatwork の資料 DL はコチラから可能です。(しばらく前に修正したため、もしかしたらもうリプレースされている可能性もありますが…. 苦笑)

※当該内容の正確性や完璧性について一切の保証をいたしませんのであくまで参考にご覧ください。

NEW

NEW BLOGs

applemint の最新のブログをご紹介!

applemint に関する問い合わせはこちらから