【超実用的!】プロによる中国語 (繁体字)パワポ資料超改善Tips

【超実用的!】プロによる中国語 (繁体字)パワポ資料超改善Tips

こんにちは、台湾でウェブマーケティングの会社 applemint の代表を務める佐藤 (@slamdunk772) です。

以前僕は「台湾で見る中国語 (繁体字)パワポ資料の9割はイケてないからとりあえずフォントから改善してほしい」というブログを書きました。今回はもう一歩踏み込んで applemint が実際に台湾で利用するパワポの実例をとりあげ、より実践的な改善術をみなさんにお伝えします!

具体的には3つのお話を紹介します。

  1. applemint 流の中国語(繁体字)パワポのレイアウトの改善法
  2. 視線を意識したパワポ改善
  3. アイコンの有効活用と色の使い方

今回のブログを参考にすれば、みなさんの中国語 (繁体字)パワポ資料がかなり改善されると思います!

レイアウト改善/優先順位の明確化

まずは以下のパワポをご覧ください:

台湾にある chatwork 社が 2018年に無償で提供していた会社の紹介資料の一部です。このパワポを見たとき、皆さんどんな印象を受けるでしょうか?特に何も感じないという方は要注意です!

僕はこの資料を見たとき、2つの改善点に気づきました:

  1. 赤い点が優先順位を曖昧にさせてる
  2. 視点が一点に定まらない

まず1つ目ですが、通常赤い点は強調したい文がある時に使われます。しかし今回の場合、赤い点の後ろの文字は、スライドの中で一番小さいです。

文字が小さい情報は、通常スライドの中で優先順位が低い事を指します。小さな文字に赤い点をつけることは「優先順位が一番低い情報なのに、強調したい?」という矛盾につながります。

また、赤い点のせいで、どうしても視線が赤に行ってしまいます。しかし、パワポにはタイトルや問題点など更に重要な情報も入っています。更にはイラストも入っており、重要な情報が多すぎて視点が定まりません。

つまり、読み手がどこを見ればいいのかわからなくなってしまいます。

applemintのレイアウト改善提案

では chatwork の課題に対して、applemint はどうしたか? applemint が提案した改善資料が以下です (黄色い線はkeynote の定規なので、実際の資料には表示されません):

まず、タイトル→イラスト→小テキストと、大きさを変え、優先順位を明確にしました。

その上で、優先順位が高い情報から低い情報に視線を誘導するため、タイトルを一番左に表示しました。また不自然な赤い点も削除しました。

いかがですか?印象がガラッと変わって、しかも読みやすくなったと思いませんか?

小さい文字が小さすぎて見えない!という意見もありそうですが別にいいのです。小さい文字は後で見るときの補足情報であって、全てプレゼン時に見せる必要はありません。

結論をまとめると、パワポを作る時は、スライドの中で「一番伝えたい情報 」をまず明確に表示します。その後、情報の優先順位に沿って、スライドの面積で占める割合や、レイアウトを考えればいいのです。

視線の改善

次に視線の流れの改善方法を紹介します。まずはこちらをご覧ください。

皆さんは、このスライドを見て何を思いましたか?

僕は、視線を上下に移動しないといけないため、非常に疲れると思いました

また、先ほどのパワポ同様、「タイトル」はスライド内で優先順位が高いはずなのに、逆に下のテキストが太字で目立っています。そうなると結局、どの情報の優先順位が高いかわかりません。

今回の課題に対し、 applemint が提案したのは以下です:

まず、タイトルの文字を#1、2、3、のテキストよりも大きくして、優先順位をはっきりさせました

次に、視線は Z の流れで進む特性を利用して、横方向にコンテンツを配置し、より自然に視線が流れるレイアウトに変更しました。

視線の流れと優先順位を意識することで、かなり読みやすくなったと思います。

アイコンの使用/強調改善

次に効果的なアイコンの使い方を説明します。まずは以下の資料をご覧ください。

僕が問題だと思ったのは2点です:

  • 太字があまりに多い
  • 赤くて太い字が異様に目立つため、優先順位が不明確で何を見ていいかわからない

いくら時間をかけたとしても、優先順位が不明確なスライドは、残念ながら言いたいことが相手に伝わりません。

アイコンを使用して強烈な印象を残す

では applemint ならどうするでしょう?答えは以下のようにアイコンを活用します:

アイコンを入れたことで、「セキュリティ」や「仕事」を連想しやすくなったと思いませんか?特にアイコンの色を赤くしたことで、「セキュリティ」の重要性が視覚的にも伝わります。

leo (佐藤峻)

イラストとテキストが同時に表示されると、テキストだけの時より数倍認知度が上がる研究結果が出ています。

結論をまとめると、アイコンを少し入れるだけで見やすさが全然変わるので、重要なポイントで上手に活用しましょう。

色の改善

最後に、色の使い方です。まずは以下のスライドをご覧ください:

ここまで読んだ皆さんは、既に改善点に気づいているかもしれませんね!

僕が疑問に感じたのは、やはり「赤」の多用です。

赤という色は、特に背景が白の場合は非常に強烈な印象を与える色になります。もし僕なら、1つのスライドで赤を使うのは 1-2回です。本当に強調したい内容がスライド内にある時だけ、赤を使います。

applemint の色に対する改善提案

ではapplemint ならどうするか?以下のスライドを見てください:

先ほどのスライドより、赤い色が大幅に減ったと思います。本来は、ヘッダーの「導入効果」も赤を使う必要はないのですが、企業のイメージカラーなので一応残しました。

また、テキストの間のスペースも、少し広めにしました。

なぜなら、繁体字の中国語は画数が多く、デフォルトの文字間隔だと窮屈に見えるからです。mac の keynote や windows の powerpoint では、文字間隔の調整ができるため、パワポ作成の際には広めに調整してみてください!

いかがでしたか?

パワポは、ほんの少しの調整が、大きな改善を生みます。今回の内容が、本当に伝わるパワポを作るための参考になれば幸いです!

*ちなみに現在の chatwork の資料 DL はコチラから可能です。(2018年に修正したため、もしかしたらもうリプレースされている可能性もありますが…. 苦笑)

applemintへのご相談やご連絡はこちらから!

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

にお問い合わせ