BtoBの台湾デジタルマーケティング【2022年DX化が止まらない】

BtoBの台湾デジタルマーケティング【2022年DX化が止まらない】

こんにちは、台湾で applemint というデジタルマーケティングの会社の代表を務める佐藤  (@slamdunk772) です。

2020年以降、コロナウイルスによって弊社は大ダメージを受けました。しかしポジティブなこともありました。弊社に BtoB企業から台湾におけるデジタルマーケティングに関するお問い合わせが増えたことです。

コロナ以前は一件もなかったBtoB企業のお問合せがなぜ急に増えたのか?背景にはコロナによる営業自粛があると思います。おかげで弊社は台湾広告代理店の中で、どこよりも早く BtoB企業様のデジタルマーケティング支援の準備ができました。

では、BtoB企業は具体的に台湾でどのようなデジタルマーケティングをすればいいのでしょうか?今回は BtoB企業が台湾で行うべきデジタルマーケティングについて具体例を用いて分かりやすくお話します!

今後台湾でデジタルマーケティングを検討されているBtoB企業の方は必見です。

接触ポイントを理解する

オンラインの接触ポイント

BtoBであろうとBtoCであろうと、最初に考えないといけないのはターゲットと接触するポイントです。applemint では顧客にデジタルマーケティングを説明するときは、分かりやすくターゲットを2つに分類して話します:

  1. 皆さんの製品/サービスを欲している人
  2. 皆さんの製品/サービスを欲していないけど、欲しくなる可能性がある人

弊社のサービスに例えてお話しします。弊社のサービスはデジタルマーケティングというBtoBのサービスです。このサービスを、今この瞬間欲している企業は必ずいます。これが上記でいう #1のターゲットです。

次に、今この瞬間はデジタルマーケティングのサービスを欲していないけれど、私が丁寧にデジタルマーケの必要性を話せば必要になる人がいます。これが#2のターゲットです。

#1と#2 のターゲットでは接触するべきポイントが異なります。接触ポイントを間違えると嫌な印象を与えるため注意です。例えば路上の勧誘、狙うのは#2今サービスを欲してない人なのに直接話しかけて時間を取らせることで、時間を無駄にした、押し売りされたという印象が残ります。

今はBtoB も BtoC も#1及び#2のターゲットとの接触ポイントがオンラインになっています。理由は次の章でまた詳細に説明します。

もしも文章よりも動画がいい!という方は以下のYoutubeがオススメです。かなり分かりやすく説明しましたので是非ご覧ください!

BtoB企業のターゲットは Google に集まる

Google とBtoB

皆さんのサービスが今必要な人、あるいは今後必要になる可能性がある人はオンラインで接触できます。ただしオンラインと言っても、太平洋の様に広いです。どうしたら効率良くターゲットを見つけられるでしょうか?

結論はGoogleの活用です。BtoB 企業のサービスを必要としている方ほぼ Google に集まるため、サービスが必要なターゲットと接触できる可能性が上がります。

仮に私が食品会社に防腐剤を売るBtoBの会社としましょう。防腐剤が今必要な食品会社はどのように防腐剤を探すでしょうか?私は3つしか思い浮かびません。

  1. 知り合いに聞く (防腐剤を売っている会社を紹介してもらう)
  2. Google で防腐剤を売っている会社を検索する
  3. その他 (商工会議所に行くなど)

インターネット普及率が90%を超える時代、多くの人が#2 Google 検索をします。Twitter でもFacebook でもインスタでもなく Google です。その理由は「 Google が検索可能な媒体」だからです。

つまりBtoBの企業がまず行うべきデジタルマーケティングは、Google 対策です。具体的には検索広告と SEO です。SEO とは特定のキーワードを検索した時に、検索結果を上位表示させるための施策です。

BtoB企業はまず、自社のサービスが必要な人向けに、検索広告と SEO を行うべきと覚えておいてください。これは台湾に限らず、日本でも同じだと信じています。

BtoB企業の Google 広告の対策

では、Google 検索広告の対策とは具体的に何をすればいいでしょうか?私のオススメは、商品名やカテゴリー名が Google 検索された際に広告を出すことです。

例えばBtoBの会計システムを扱う会社なら、「会計システム」「会計ソフト」といったキーワードを狙い広告を配信するということです。

検索結果

BtoB企業はBtoCに比べデジタルマーケや DX に躊躇しがちで、デジタル広告を出してる会社は台湾でもまだ多くありません。今すぐGoogle 広告へ出稿をすれば全然遅くないと考えます。

BtoB企業の SEO 対策

次にBtoB企業がやるべき SEO 対策です。SEO とは広告費を払わずに、ある特定のキーワードが検索された際に自社のウェブサイトを上位表示させる対策を指します。

検索広告とSEO

例えばBtoB向けの会計システムを扱う会社なら、「会計システム」というキーワードが検索された時に自社のウェブサイトが上位表示されれば、集客がしやすくなります。

特定のキーワードで上位表示させる方法は二つあります。1つ目は広告費をかけること、2つ目は上位表示させるための施策 (SEO) を行うことです。SEO を行えば、広告費をかけずとも上位表示が可能になります。

しかしSEO はウェブサイトのタイトルや、設定を少し変えるだけで改善するものではなく、主にコンテンツの執筆が重要になります。実際applemintのお客様ではコンテンツ執筆開始後、サイト訪問者の2~3割がコンテンツからくるようになりました。

台湾における SEO 対策を詳しく知りたい方は以下のブログをご覧ください。

More to read

applemint が台湾でコンテンツを3年間執筆してきて蓄積した、台湾SEO のためのコンテンツノウハウを特別に公開します。

SEO を行う目的は、デジタル広告からの依存です。デジタル広告と SEO を並行して行うことで、広告費に依存しなくても安定してウェブサイトに訪問者がくる仕組みが作れます。

BtoB会社の台湾デジタル広告予算

デジタル広告の予算

では台湾で必要な広告予算はどれくらいか?業種によりますが、BtoB企業は最初の半年は手数料込みで毎月大体15万-20万元 (50-70万円) ぐらいが適切と思います。半年後は10-15万元 (50万円) ほどでもいいと思います。

弊社がお手伝いしてる企業の場合、BtoBソフトウェア会社さんは Google 検索広告で毎月15万元、計測器メーカーさんは毎月 6万元ほどかけています。

また、台湾の某超有名BtoB機械メーカーも Google 検索広告に毎月15万元ほどかけてました。(有償ツールを使って調べました…)。

結論をまとめると、BtoBの企業は大体15万元-20万元の広告予算があり、ソフトウェア会社は15万元〜、メーカーだと10万元〜が相場という印象を受けます。企業により目標が違うので一概には言えませんが、ご参考になれば幸いです!

将来的にサービスに興味を持ってくれそうなターゲットへのアプローチ

ターゲットへのアプローチ

最後に、今はBtoBの商品/サービスに興味はないけれど、今後サービスに興味を持ちそうなターゲット(潜在顧客)に対するデジタルマーケティングを説明します。それは SNS 広告や記事広告の活用です。

弊社のサービスで例えるなら、今すぐデジタルマーケのサービスが必要ない人は Google で「デジタルマーケティング会社」と検索しないと思います。では「将来興味を持ちそうな潜在顧客」にコミュニケーションするにはどうしたらいいか?SNS広告を活用します

なぜならSNSには人が集まっており、デジタルマーケティングを必要としている人を探しやすいからです。台湾ではFacebookやLINEの利用率が9割を超えてます。実際のエリアで国民の9割が集まる場所というのはなかなかないと思います。

しかしSNS広告には時間とコストがかかる点に注意です。今すぐサービスが必要と考えてない人にサービスを必要と思わせるためには通常何回も接触する必要があり、自発的に検索したユーザーを狙えるGoogle検索広告に比べ、費用対効果が悪くなります。

従ってSNS広告は、Google 検索広告をしてまだ予算に余裕があれば試すのもありですが、あまり予算をかけられない場合は、まずGoogle検索広告に予算を集中した方がいいです。

台湾BtoB企業デジタルマーケティングまとめ

台湾BtoBデジタルマーケまとめ

最後に今回の話をまとめます。台湾でBtoB企業がデジタルマーケティングをしたいなら、まずは Google 対策をしっかり行いましょう。具体的には検索広告と SEO です。

広告/プロモーションの予算は大体15-20万元がBtoB企業の一般的なレンジかと思います。ただし開始直後の半年は、初期費用やデジタル広告の効率改善のためのウェブサイト更新などがはいり、費用が増える可能性もあります。

もしプロ向け美容用品店など実店舗があるBtoB企業の場合は、Googleマイビジネス の活用とGoogleマップ広告もオススメです。興味がある方は以下の記事をチェックしてください。

More to read

こんにちは、台湾でウェブマーケティングのサービスを提供する applemint 代表の佐藤 (@slamdunk772) です。 最近 Google マップを開くと一番上に広告が表示されるのですが、み […]

いかがでしたか?台湾でBtoB企業がデジタルマーケを始める場合の媒体や予算が大体わかっていただけたと思います。

最初に紹介した通りapplemintはコロナ後BtoB企業からのお問合せが増え、東証一部のBtoBメーカーや、BtoB向けソフトウェアの会社、台湾現地のBtoB会社にもデジタルマーケティングのサービスをご提供しています。

もし今後、台湾デジタルマーケ対策の相談や具体的なGoogle 広告や SEO の対策を知りたいというBtoB企業様がおられましたら、ぜひapplemint までご連絡ください!

applemint に関する問合せはこちらから

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ