【2022年版】最新の台湾デジタルマーケ事情と攻略法

【2022年版】最新の台湾デジタルマーケ事情と攻略法

こんにちは、台湾でウェブマーケティングのサービスを提供する applemint 代表の佐藤 (@slamdunk772) です。

2020-2021年はコロナで多くの日本企業がダメージを受けたと思います。私はコロナウイルスが原因で台湾を撤退した多くの会社を知っていますし、逆に台湾に活路を見出し進出した会社も知っています。

この記事は、コロナウイルスの中、台湾に活路を見出し台湾に進出を決めた企業様向けに、最新 (2022年) の台湾デジタルマーケティング攻略法をお伝えしたいと思います。

台湾のデジタルマーケティングについて知らない方は、そもそも台湾のデジタルマーケ事情がわからないと思います。そこでこのブログでは、台湾のオンライン事情から説明し、最終的にどんな媒体を活用すべきか3つの提言をします。

最後に、関係者からよく質問を頂く、台湾人の Twitter や Yahoo の利用状況についても解説しますので、是非参考にしてください!

台湾人は大のスマホ好き

台湾人のスマホ所有率は 97% 

まず初めにお伝えしたいのが、台湾人は本当にスマホが好きということです。2022年1月時点で 16~64 歳を対象に実施された調査では、 台湾人のスマホ所有率は驚異の98.0%です!

これに対して、日本人のスマホ所有率は 92.6%です。台湾人のスマホ所有率は日本人よりも 高いのです。

台湾スマホデータ
台湾のスマホデータ

(出典:DIGITAL 2022: TAIWAN

日本スマホデータ
日本のスマホデータ

(出典:DIGITAL 2022: JAPAN

台湾デジタルマーケ攻略ヒント

台湾のデジタルマーケは、モバイルを制すものが市場を制すと言っても過言ではないと思います。

台湾人の SNS 好き

台湾では、インターネット利用が1日8時間、SNS利用時間が1日2時間以上と日本の2倍です。このデータだけ見ても、台湾の人がどれだけ SNS 好きかわかると思います。

インターネットデータ
台湾のインターネットデータ(出典:DIGITAL 2022: TAIWAN
佐藤峻leo sato

僕は個人的に台湾人の SNS 好きは「見栄っ張り」が理由だと思っています。

では、どんな SNS が人気なのか見ていきましょう。2022年1月時点での SNS 利用者ランキングは、
(1) LINE 95.7% 
(2) Facebook 90.8% 
(3) Instagram 70.6% 
(4) Facebook メッセンジャー 68.5% 
(5)Tiktok 35.2%
です。

2022年からYoutubeがSNSと別枠になったためここには出てきませんが、月別プラットフォーム別利用時間を見るとユニークの訪問者が1350万人(台湾人の約60%)いることがわかります。

SNS利用
ウェブサイト利用率ランキング
ウェブサイト利用時間

(出典:DIGITAL 2022: TAIWAN

広告の原則は人が多くいる場所に露出することです。従って、台湾のSNSは YouTube と LINE、Facebook、を強化すれば攻略できる、と考えても間違いではありません。具体的な内容を簡単に説明します。

まず、この3つの中で、広告を露出して直接購入に至る確率が一番高いのが Facebook 広告です。特にインフルエンサーを織り交ぜた広告は非常に効率良く購入に繋がります。

次に YouTube です。YouTube は残念ながら直接購入に繋がりにくいウェブ広告媒体の一つです。YouTube はテレビ広告をイメージするとわかりやすいですがテレビCM を見た後、すぐに何かを買った経験はありますか?あまりないと思います。

ですが台湾人はとにかく Youtube が好きです。つまり Youtube 広告を出すことによって露出、認知度を高めることは可能です。

最後に LINE 広告について説明します。LINE 広告はやってみないといいか悪いかわかりません。売れる商品は割と売れますが、売れない商品は本当に売れません。

ですがLINE 広告はものすごい勢いで広告メニューが増えており試す価値はあります。LINE広告の詳しい内容はぜひこの記事をチェックしてください!

More to read

このブログでは台湾でLINE 広告 (ライン広告)を始めようと思っている方を対象に現時点でご利用可能なLINE 広告のメニューや台湾における効率を applemint の視点からご紹介しています。

台湾でデジタルマーケティングを攻略する3つのポイント

ではここからは、台湾でデジタルマーケティング成功の鍵となる3つのポイント、Facebook広告、Google 広告、インフルエンサーの起用について説明します。

Facebook 広告を軸にしたウェブ広告展開

台湾では Facebook がユーザーが9割を超えます。Facebook 広告は機械学習による配信最適化が結果を左右します。

そのため、個人情報の収集量が大きい Facebook 広告は他の媒体と比較してコンバージョン効率が圧倒的に高い傾向にあります。

More to read

台湾のFacebook広告で成果を出したいなら、配信対象設定を徹底攻略しましょう!台湾はFacebook広告先進国だというのに、日系代理店は日本の運用メソッドを日本から台湾に輸入しているケースが多いのです。この記事では、日系代理店がやりがちなNG設定と今すぐにできる対策方法を徹底解説しています!

近年は Facebook 広告に入札をする広告主が増え、広告単価がかなり上がりました。まさに戦国時代です。そんな中で効率を出し続ける広告はどんな広告か?applemint ではシンプルな広告と動画広告が鍵だと考えています。

applemint では消費者とのコミュニケーションツールであるバナーの制作やテキストに非常にこだわっています。 applemint の制作過程を知りたいという方は以下のブログをご覧ください!

More to read

こんにちは、applemint 代表の佐藤 (@slamdunk772) です!台湾でデジタルマーケティングの会社の代表をしてます。 以前うちに在籍していたスタッフが書いた以下の「 […]

また、Facebook 広告はインフルエンサーと連動した広告が鍵となります。

インフルエンサーを起用する

インフルエンサー投稿は広告効果を倍増させる事ができます。

弊社ではインフルエンサーに Facebook 投稿をしてもらい、その投稿を広告配信する事を強くお勧めしています。その理由は、インフルエンサーのアカウントで広告を配信すると購入率が平均2倍に増えるためです。

弊社はよく他社様から「台湾のインフルエンサーは出稿費が高くてあまり気が進まない」という声を聞きます。ここだけの話、実はインフルエンサーではなく、広告代理店の手数料が高いケースが多いです。

広告代理店を通さずインフルエンサーに直接連絡を取ると金額の違いに驚かれる方が多くいます。ちなみに弊社では、インフルエンサーの卸価格と、手数料を全て公開していますのでご安心ください(笑)。

インフルエンサーの広告に関しては以下の記事をご覧ください。

More to read

このブログでは台湾のインフルエンサー/KOL マーケティングの現状や対策、今後のデジタルプロモーションの在り方について applemint の見解を書いています。

Google 広告と検索結果の最適化

最後に Google 広告です。Google 広告は基本的にクリック課金なため、露出されてもクリックされるまでは費用が発生しません。

一方Facebook はお金さえ出せばいくらでも露出できます。台湾ではFacebook 広告の方が効率よく購入者を獲得できると考えてFacebook 広告の予算を増やす広告主が多いです。しかし Google 広告を侮ってはいけません。

台湾人における検索エンジンのトップは Google で、日本のように Yahoo を使っている人はほぼいません(日本の Yahoo の検索エンジンも実は Google ですが…)つまり台湾では Google 検索広告および検索結果への分析とアクションが鍵となります。

佐藤峻leo sato

特に Google のレビューにはお気をつけください。かなり見られています。

Google my business review の例
Google my business レビューの例

Google 広告に関しては、以下の記事に注意点を書いています。

More to read

貴社の台湾のリスティング広告は大丈夫ですか?パートナーの広告代理店さんが運用でどんなことをしているかご存知ですか?このブログでは台湾のリスティング広告の基礎の基礎である設定部分の確認ポイントをお伝えし、どのような設定にすればもっと効率のいい運用ができるかアドバイスいたします。

また、台湾進出初期に SEO 対策としてコンテンツマーケティングを実施すると、後々非常に楽になります。applemint がこうして今も台湾でやっていけるのは SEO のおかげです。

SEO に関してはかなり長文になりますが、以下に細かく手順を書いています。

More to read

applemint が台湾でコンテンツを3年間執筆してきて蓄積した、台湾SEO のためのコンテンツノウハウを特別に公開します。

Twitter とYAHOOはどうなの?

台湾人って Twitter 使わないの?

2022年1月時点の Twitter の利用率は30% です。私の周りでは、アニメオタクで日本語の読み書きができる友人をくらいしか利用者を知りません。

原因を調べたところ、Twitter はローンチ時に中国語の対応をしていなかったため流行らなかったそうです。

ただ現在では日本アニメ好きやゲーム好きな台湾人を中心に順調にユーザーを伸ばしています。今後は活用の幅が広がることに期待です。

Yahoo広告ってやるべき?

2022年1月時点で Yahoo 検索利用率は台湾の全検索においてたった 4% で、Bing に至っては僅か 1% です。 私の経験談ですが、月間予算が数百万元とかでない限り特別対策する必要はないと思います。

私は3 年ほど Yahoo 検索広告の運用を行っていますが、基本的にはブランドキーワード(会社名、商品名、ニックネーム)以外のコンバージョンは見込めません。

ただ一方でメリットもあります。入札単価が安い事です。会社名や商品名等の入札だけであればGoogle 広告のついでにやってみてもいいかもしれません。

Yahoo広告の詳細や、運用を考えている方は過去記事をご参考ください!

More to read

台湾でヤフー広告を試したいと思っている方に、台湾ヤフー利用者データや実際のリスティング広告 (Bing広告) 運用結果を数字付きで公開します!実際の運用ポイントやこんな商品なら費用対効果が良いなど、具体的なノウハウが欲しいという方必見です!

台湾のデジタルマーケティングは applemint へ!

いかがでしたでしょうか?この記事では台湾の SNS 利用率を軸に、2022年台湾のデジタルマーケティング最新事情をご紹介いたしました!

弊社では日台通販事業の広告運用ご支援以外にも、実店舗ビジネスの集客、ECサイトの構築、ランディングページの制作及び分析、SEO対策、KOLの手配などデジタルマーケティングに関連したサービスを幅広くご支援しています。

「台湾のマーケティング成功事例が聞きたい」「現状の広告運用が適切に行われているか診断を受けたい」「インフルエンサー施策の効果的な運用方法を知りたい」などのご相談を随時承っております!

ご相談は無料で承っておりますので、お気軽にご連絡ください!

applemint に関する問合せはこちらから

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ