2023年台湾人向けインバウンドのために僕らが今からしている事

2023年台湾人向けインバウンドのために僕らが今からしている事

こんにちは!台湾でデジタルマーケティングの会社 applemint の代表を務める佐藤(@slamdunk772) です!

これを書いている2022年9月末現在、ようやく日本政府は10月11日からのビザなしの渡航再開を発表しました。この発表と同時に、多数の台湾人が飛行機のチケットを求め、10月の飛行機はほぼ満席となったようです。

つまり、台湾人向けのインバウンドが本格的に再開したという事です。人口がたった 2300万人の台湾人がコロナ前は度々日本に渡航していたわけですが、現在の円安が今後も続けば台湾人の日本渡航はコロナ前より増えるでしょう。

ちなみにコロナ前に日本旅行をしていた台湾人については以下のブログをご覧ください:

そんな中、僕らのクライアントである知床第一ホテルさんはコロナ禍で苦しかった2021年から現在まで種まきを続けた結果、日本政府がビザなし渡航を発表した途端、一気にその芽が開きました。

では、知床第一ホテルさんが台湾人向けインバウンドのためにしていた種まきとはなんでしょうか?今日は2023年の台湾人向けインバウンドで僕らがやっている施策を一部ご紹介したいと思います。

YouTube の動画を中国語で作っています

みなさんは旅先で行く場所やホテルはどのように決めていますか?Google の検索や YouTube の動画ではないでしょうか?特に未開の地に行く場合、動画は必ず見ると思っています。

僕は11月にワールドカップを観戦するため初めてカタールに行くのですが、カタールがどんな場所なのか動画でチェックしました。

日本へ何度もリピート旅行している台湾人と言えど、知床は初めての人が多いです。そこで僕らは知床第一ホテルさんのために中国語で動画を作っています。

leo (佐藤峻)

ちなみに中国語の動画は旅行代理店への営業にも使えます(一見は百聞にしかず)

これをご覧の方の中で、台湾人の集客に苦戦している都道府県の方がいれば、私からお伝えしたいのは、日本に何度もリピートする台湾人と言えど、まだ行った事がない都道府県への旅行はハードルが高いという事です。

従って旅行するハードルを下げるためには、やはりブログや動画で情報を発信するしかありません。ただし、この情報発信を自分達目線でやってはいけません。

僕は内部の目線から台湾人にアピールして大失敗した事例を知っています。

批判のように聞こえるので、あまりこんな事を言いたくはありませんが、みなさんのために敢えて岩手県遠野市の実例をお話をします。これを遠野市の方がご覧になり不快になった場合は先にお詫び申し上げます。

僕は2017年に岩手県の遠野市の方に連れられ、遠野市に行きました。その際僕は1名の台湾人に同行してもらいました。

当時は、僕の他に台湾人が1名同行していたのですが、遠野市の方は僕らに天皇陛下(現在上皇様)が履いたスリッパを誇らしげに見せ、僕は正直呆れてしまいました。

折角台湾人がいてアピールするチャンスなのに、僕と同行した台湾人はどうでもいいスリッパを見させられたのです。例えばみなさんはエリザベス女王が履いたスリッパを見てどう思いますか?

恐らくどうも思いませんよね?むしろ台湾人の中には天皇を侵略の象徴とみなす人もいる可能性があるので逆効果かもしれません。

leo (佐藤峻)

ちなみに、僕は別に天皇陛下の悪口を言っている訳ではありません。

遠野市が現在も台湾人向けに、こうした情報発信をしているかは知りませんが、このように内部の方が情報を発信すると、内部の人だけが満足する情報発信となり、台湾人はいつまで経っても呼べないでしょう。

情報発信は台湾人を理解している方や企業が、台湾人目線で有益な情報を発信する必要があります。

ブログコンテンツを書いています

applemint では知床第一ホテルさんのために動画とブログを作っているというお話をしました。ブログは台湾人にとって非常に重要な情報源であるため、僕らは先回りして、繁体字で知床の情報を発信しています。

ちなみに、ブログが台湾マーケティングにどれだけ大事かは以下のブログをご覧ください:

ブログのいい所は、検索結果で引っ掛かれば暫くは上位に表示される事です。動画も作って置いておくだけで、古くなってもよく見られます。こうしたコンテンツの事をストック型コンテンツと言います。

それに対してインフルエンサーの Facebook の投稿は、一瞬多くの人に見られるかもしれないものの、どんどん新しい投稿に埋もれるため、古い投稿がまた見られる事はほぼありません。

インバウンドで大事なのは、インフルエンサーに SNS で投稿してもらうより、ストック型のコンテンツをせっせと作る事です。ユーチューバーによる動画はストック型という観点からは悪くないですが、如何せん費用が高い場合が多いので、単発的な動画投稿ではなく、継続的な動画投稿が必要でしょう。

知床第一ホテルさんに起きた奇跡

最後に、冒頭でもお伝えした、僕らと知床第一ホテルさんが台湾人集客のためにやっている施策で起きた奇跡をご紹介します。

知床第一ホテルさんと協業を始めた2021年初頭は、渡航はおろか日本国内もコロナウイルスで大混乱状態でした。国内のホテルや旅行業は低迷し、知床第一ホテルさんも本当に苦労したと思います。

しかしそんな中、ホテルの責任者の方は渡航再開の日を信じ、僕らは知床第一ホテルさんのために短期的には結果を出さないストック型のコンテンツの制作を始めました。以下は僕らが情報発信をしているブログサイトです。

https://blog.shiretoko-1.com/

2021年初頭から現在までの1年半は、クリック数や流入はほとんどなく本当に苦しい日々が続きました。責任者は僕らに全幅の信頼を寄せ、僕らはせっせとコンテンツを更新した結果、奇跡が起きました。

日本政府がビザなしの渡航を発表したその日から流入数は見る見る増え、なんと流入数は数日間で、7-8倍UP を記録しました。

これを見た時、僕は自分が提案した事は間違っていなかったと自信を持ったと同時に、僕に全幅の信頼を寄せてくれた責任者の方の、経営者としての器に心が動かされました。

このブログをご覧になって、台湾人向けのインバウンドに興味を持った方は是非 applemint までご連絡ください。台湾人の集客に貢献する自信はあります。

applemintへのご相談やご連絡はこちらから!

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

にお問い合わせ