今知らないと損!台湾向け越境ECの現状とリスク【2021年度版】

今知らないと損!台湾向け越境ECの現状とリスク【2021年度版】

こんにちは!applemintで日本企業の台湾向けウェブマーケを担当している津山です!

突然ですが、このブログをご覧の方で台湾ロスになっている方はいませんか?私は逆に日本ロスで日本の商品が欲しくて仕方ないです!しかしそう思っているのは私だけではありません!

台湾では多くの人が日本ロスで、その証拠に2021年1月オープンしたドンキホーテは開始直後、連日2-3時間待ちの大盛況でした!

そんな日本ロスの今、「台湾向けの越境EC」が熱い注目を受けています。多くの日系企業がネットを通じて日本ロスの台湾人に日本の商品を販売しようとしています!

しかしいくら台湾の人が日本ロスだからと言って、そんなに簡単に日本の商品が売れるでしょうか?答えは NO です。ですが多くの企業が台湾進出支援企業の甘い言葉を鵜呑みにし、失敗を繰り返しています。

そこでこのブログでは台湾向け越境ECの現状から、進出支援業者が教えてくれないリスクまで公開します!台湾進出支援企業や我々のような広告代理店にとって不都合な話も特別にお話ししたいと思います。

台湾越境ECを始めるメリット

台湾EC市場の成長率がすごい(2020年版)

台湾では2020年、EC市場が大きく成長しました。以下は2020年8月に台湾の経済部が発表した「台湾EC市場の成長率」です。わかりやすいグラフなので引用します。

結局、2020年の台湾EC市場の前年比成長率は120%と過去最高を記録しました。実は2021年はコロナの影響もあり、8月までの時点で2020年比のさらに1.5倍の売り上げを達成しています。

(右図:台湾のEC市場販売額、 左図:台湾の小売業におけるEC市場売上の割合)

網路銷售額成長

參考:經濟部「宅經濟」發酵,帶動網路銷售額成長

台湾はもともとネットの普及率が高いことに加え、COVID-19の流行で人々の行動が制限されたため、実店舗での購買からECサイトへのシフトが加速しました。

この傾向はBtoC向けの小売業では特に目立ち、今後も台湾ではECサイトの利用者が順調に増えていくと予想されます!

コロナ禍で日本商品を渇望する声

COVID-19の流行以前は、日本を訪れる台湾人の割合は5人に1人(延べ数)と非常に高く、この中には「ショッピング」が目的の台湾人が大勢いました。

最近では日本のマツキヨがすごい勢いで店舗数を伸ばしていますし、21年1月の台北ドンキホーテ1号店も初日から3時間待ちの大盛況でした。今台湾では、日本商品を求める声が日に日に大きくなっています。

2021年も日本旅行は現実的に難しい今、台湾で越境ECを利用した日本製品の販売を考える企業には、大きなチャンスが到来しています。

日本旅行外国人客

参考:観光庁JNTO 訪日外客数が多い国・地域

台湾越境EC開始のリスク

EZ WAY易利委の導入

台湾越境ECには、苦戦リスクもあります。それは主にEZ WAY導入による関税、信頼性の欠如、ローカル決済未対応、物流対応、などです。

まず2020年5月から導入された関税の申告制度(EZ WAY易利委)が与えるリスクは、過去のapplemintブログで詳しく説明しています。

More to read

台湾向け越境ECに新しい動きがありました。EZ WAY易利委というアプリを使って国外で購入したものを申告する必要があるのですが、このブログではその詳細について述べています。

一言でまとめると、台湾人が海外からモノを購入するときの関税が厳しくなり、越境ECでの購入意欲が下がるリスクです。実は、私も何度か台湾の越境ECモールで輸入品を買おうとしてEZ WAYの壁にぶつかり、購入を断念しました…。

これから台湾向け越境ECを考える企業は絶対確認して欲しい内容なので、ぜひ一度目を通すことをおすすめします!

ほかにも、台湾ローカル決済未対応、スモールスタートによる失敗など、台湾向けの越境ECが苦戦する理由があります。以下の動画であわせて確認しておきましょう!

台湾越境ECに対する信頼感の欠如

そしてもう一つのリスク、それは売主に対する信頼性の欠如です。簡単に言うと『全然違う商品が届くのではないか』、『詐欺サイトではないか』と疑われて買ってもらえないリスクです。

以下は台湾人がECサイトでモノを購入する時の心配事TOP3ですが、第1位~3位まですべて信頼性に関わる問題になります。

台湾人がECサイトでモノを購入する時の心配事TOP3

第1位:商品が写真と違う
第2位: 詐欺が心配
第3位: 個人情報の漏洩

台灣網路資訊

参考:財團法人台灣網路資訊中心(2019年度版調査)

台湾の友人曰く、過去にECモールで海外商品を購入したところ写真と全く違う商品が届いたことが何度かあるそうです。それ以降ECモールで海外商品を買いたくないと言っていました。

また越境ECでは個人情報の漏洩にもケアが必要です。国外サイトに住所を登録することに不安を覚える人も多いのでプライバシーポリシーを明確にしてきちんと信頼感を与えましょう。

まとめると台湾向け越境ECでは、EZ WAY(関税)や物流・決済への対策、および信頼感の獲得が重要です。これらへの対策は次にお伝えします。

台湾向け越境ECを攻略する方法

信頼性欠如の解決策

applemintではインフルエンサーを使うか、コンテンツを制作することをお勧めします。

インフルエンサーに動画投稿をお願いして、詐欺サイトと本物のサイトの違いを明らかにしてもらいます。

少し費用はかかるかもしれませんが、複数のインフルエンサーを起用して、本物サイトであることを証明してもらえば、台湾人の安心感につながると思います。

More to read

インフルエンサーに投稿の広告連携はできていますか?台湾ではKOL投稿広告の購入率が通常のおよそ二倍と言われています。「どうして台湾マーケティングにKOLが重要とされるのか。」「購入率は本当に二倍もあるのか。」実際に弊社で実施したKOL広告の比較検証結果も公開しています。KOL広告について詳しく知りたい方にお勧めです。

また、可能であればコンテンツを作ってください。コンテンツとは動画コンテンツやブログコンテンツ、音声コンテンツです。

消費者に対して、どんな人が、どんな思いで商品を作ったのか知ってもらうことで、ファンや商品を購入する人は一定数出てくるはずです。また、コンテンツを通じて、その商品が本物であることもわかってもらえます。

「福岡県津山さんが作った人参」と「ただの人参」はどちらの方が安心して買いやすいかというお話です。

applemint は台湾で知名度ゼロから事業を始めました。つまりこれから台湾向け越境ECを始める会社と同じスタート地点から台湾で事業を始めています。

そんな applemint が顧客を獲得していった方法はコンテンツです。特に近年は動画コンテンツ (Youtube) を通してたくさんのお問い合わせを頂いています。

BtoCとBtoBでは業態が違うと反論する方もいるかもしれませんが、私は「顔が見えること」「思いが伝わっていること」が安心や信頼に繋がると考えています。

以下に両方の業態の成功事例がありますので参考にしてください。

More to read

こんにちは!台湾でデジタルマーケティング会社の代表を務める、applemint の佐藤  (@slamdunk772) です。 2021年6月4日現在、台湾及び日本がコロナ渦で集客 […]

関税・決済手段の解決策

最後に関税や決済に対する解決策をお話しします。

台湾向け越境ECは、最終的には台湾での現地製造が最善の道だと思います。特に健康食品やサプリメントの会社は、長期的には現地生産しか道はないと思っています。

つまり、台湾向け越境ECはあくまで台湾を攻略する第1段階で、第2段階は現地法人の設立、そして第3段階は台湾現地での製造という流れです。

もちろん、これを遂行するためには、そもそも台湾向け越境ECを軌道に乗せなければいけないため、ちょっと的外れな解決策ではあります(苦笑)

ただ、台湾向け越境ECで成功した企業の多くは成功した後の計画がありません。同じウェブ広告、同じ施策、或いは以前にも増して過激な広告表現で売り上げを保とうとするのですが、皆コンバージョンは下がっています。

特に健康食品の会社さんでこの傾向があります…

越境ECで成功したら、それを合図に現地法人を立て、台湾で倉庫の手配や OEMでの現地生産に切り替える形がいいと思います。実際、私は台湾現地生産に切り替えて成功した会社を知っています。

また越境ECでうまくいったら、その資金を使って消費者をナーチャリング (商品への教育) するための動画やブログコンテンツを準備することが必要だと applemint では考えています。

通販会社の生き残り対策とコンテンツの重要性については以下の記事を参考にしてください!

More to read

台湾の通販企業が台湾に進出しては台湾撤退を繰り返しています。このブログではそんな通販企業がどうやったら台湾で事業を黒字化させて生き残れるか applemint 代表の佐藤が考えてみました。

いかがでしたでしょうか?

越境ECでapplemint が提案するコンテンツを作って地道にユーザーの理解を広めるやり方は、正直通販会社10社に提案をすれば9社はNO と言います(苦笑)

でも弊社はこのやり方を信じています。なぜなら applemint がコンテンツを通じて実績を上げているからです。今後もっと実績を上げられれば更に説得力がつくと思います。

もし、applemint のコンテンツを使った地味なやり方に1ミリでも興味を持った方はこちらからご連絡ください!

全力でサポートします!

applemint に関する問合せはこちらから

Kaori Tsuyama

関連ブログ

最新の台湾デジタルマーケ、台湾越境EC、店舗集客、BtoB、起業情報を得よう!

Languages
contact applemint にお問い合わせ