【2022年版】台湾進出時 FAQ~本当によく聞かれる質問~

【2022年版】台湾進出時 FAQ~本当によく聞かれる質問~

こんにちは、台湾でウェブマーケティングのサービスを提供する applemint 代表の佐藤 (@slamdunk772) です!

先週、日本の方からお問い合わせを頂き、 Zoom を使ってテレビ会議を行いました。

会議中はビジネスのお話以外に台湾進出に関していくつか質問が出たのですが、全て他の人にも同じことを聞かれたな〜という内容でした。皆さんが疑問に思う点はおそらく似ているようです。

そこで今回は、台湾進出、および台湾ビジネスでよく聞かれる質問に対して、ブログでまとめて回答することにしました!

台湾で5年ビジネスを行ったノウハウをもとに回答したので、台湾進出を考える皆様にとっておそらく1つは役に立つ内容が入っていると思います。それではどうぞ!

A. かなりオススメしません。台湾の人は繁体字を自分たちのアイデンティティの一部と見なしており、一般的には簡体字を見ることも、使用することも、あまり好まない傾向にあります。

A. 台湾人の可処分所得の内、約25%が家賃や水道・電気代で、大体 20% が貯蓄です。そのほか、レストラン・旅館は10%前後、趣味や文化・教育への支出も10%前後、食料品が15%前後です。ここ数年では、レストラン・旅館の支出が大きく上がっています。

以前のブログに台湾の消費傾向を紹介したので、詳細が気になる方は併せてご覧ください!

A. 台湾に限りませんが、お金周りは特に気をつけた方がいいです。
現在まで、日本のクライアントで支払いが滞ったり遅れたりしたケースはありませんが、台湾のクライアントは8割ぐらい振込が遅れます。
相手が振込を完全に忘れてて、弊社がリマインドしないと払わなかったケースも多々ありました。
注文書へのサインバック及び契約書を締結する際は、注意が必要です。

A. 台湾で SNS と言えば Facebook と LINE です。近年は若者を中心に Instagram の利用も増えています。中でも利用率が95%近いLINE を有効活用することは、結構重要だと思っています。

日本人は LINE でブランドや店舗の公式アカウントを追加することに抵抗があるようですが、台湾の人は割とハードルが低く、多くの人が複数の公式アカウントを追加してます。

またLINE はメールよりも開封率がいいという報告を度々聞くので、お客様とのインタラクションに LINE を使うとはいいかもしれません。

台湾のSNS事情の詳しい内容についてはこちらの記事にまとめています。

A. 結論を言うと、少なくとも私の周りで定期通販が好調というクライアントはあまり聞いたことがありません。
私の周りのお客様は、色々な試行錯誤、努力を重ねて定期購入者を増やしています。ただ誰も最初から「定期」という理由だけで好調という意見は聞いたことがないです。

なので「定期通販が好調」という表現は少し違うかなと個人的に思います。

越境ECは苦戦するケースが多いですが、あえて挙げるなら日本で割と知名度が高い某コスメ商品が好調です。
私が思う好調な理由は、商品の機能がわかりやすく一瞬で効果を実感できるためです。また、日本で起用した某有名Youtuberのビデオを、台湾でも広告素材として使えたことで大当たりしました。

しかし台湾向け越境ECをやる多くの会社は苦戦しています。なぜなら消費者の越境に対する信頼感のなさや、2021年に導入されたEZ WAY易利委が足かせになっているためです。

越境ECで苦戦する理由が知りたい方はこちらのブログをご覧ください。

A. 基本的には Facebook広告 と Google広告 がおすすめです。最近では LINE 広告も種類が増えてきてしかも簡単に始められるので、余力があれば試してみるのもいいと思います。

媒体別の詳しい施策については、以下のブログで詳しく説明しています!

A. 個人的には LP がいいと思っています。
EC サイトは LP でスモールスタートし、うまくいってからでも遅くない気がします。また、LPなら制作費用も抑えられるので失敗した時の損失が少ないです。

LPサイトを作るときはデザインも大事ですが、ユーザーが安心して買い物ができるようになっているかチェックすることが重要です。

なぜなら台湾ではネット詐欺も多くネットショッピングに対して信頼感が低いからです。ECサイトの抱える問題はこちらで詳しく説明しているので、LPを作る前にチェックしてみてください。



A. ケースバイケースです。
お客様は大体平均で3-6万元のレンジの KOL を探していることが多いです。KOL起用の場合はさらに代理店の手数料が大体20%ほどつきます。

しかし最近ではKOLの費用が爆上がりしており、数十万人のフォロワーがいるKOLでは少なくとも2次利用含めて10万〜15万元はかかります…。では、それだけお金を払って 成果が出るか?と言われると、残念ながら費用に見合わない場合がほとんどです。

なので今は、広告予算に余裕がある場合のみKOLは実施したらいいと思います。詳しい費用についてはこちらのブログをご覧ください。

A. Tiktokが台湾でも流行ってきています。
TikTokは2022年現在、台湾で急速に利用者を伸ばしています。

SNSの利用率を掲載しているDigital 2022:TAIWANによると、TikTokはついにTwitterやWe chatを抜き、台湾でLINE、Facebook、Instagramに次いで4番目に利用されているソーシャルメディアになりました。

TikTokの利用率上昇に伴い、ショートムービーを使った広告も増えてきています。プロモーションにどうやってショートムービーを活用できるか、現在 applemintでも色々と試行錯誤中です。

いかがでしたか?今回は台湾進出に関係する色々なギモンについてまとめてお伝えしました!今回の回答が、皆様の台湾進出の参考になれば幸いです!

applemintへのご相談やご連絡はこちらから!

Leo Sato 佐藤峻

関連ブログ

にお問い合わせ